Dell 診断テスト ハードウェアテスト Diagnostics

Win10がそろそろ発売とかSIMフリーがどうとか
いろいろ賑わっておりますがここでDell機の診断テストについて
メモの準備をw

Windowsのメイン機としてDellのノートパソコンを使ってます。
何台か乗り換えてきたので中古となったものをオークションや業者などへ
出すときがあります。

そこでハード的に問題ないか、パソコン本体に組み込まれている
ハードウェアテストを(Dellでは診断テストと表記されているようです)
行う方法をメモしときます。

忘れないためにwww

パワーオンをしてからすぐにF12でBoot選択画面を出します。

普段ならば内蔵SSDやHDD、メディア起動でDVDなど選択ですが
さらに↓にいくと

Diagnostics という文字があります。
※これがないとテストできない
※ただし機種ごとに特定ボタンやキーなど特殊な場合があるかも
詳細はDellサイトで確認ですね。

当方所有の機器ではBoot画面から選択できます。

★ここで注意です。★
Venue11のときはかなり大きな音でBeep音がなりました。
ぴぽ! とか びびー! ってw
大きな音が鳴ると覚悟していた方がいいと思います。

テスト画面でクイックオーディオチェックをおこなったら
これまた爆音でBeep音が鳴りました。
正直ビビりましたw まじでかい音です。
心臓ばくばくしてますw

みなさんも気をつけましょうw

ふと思ったことはこれ工場出荷次でのテストだと思うので
それなりの音でないと聞こえないのかと思ったりも… わかりませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ニンショウこ〜ど * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.