キヤノン プリンター 付属ソフト レーベルプリント

CanonのプリンターでMG6xxx シリーズを使ってます。

付属ソフトにレーベル印刷が(CD、DVD、BDの白プリント版に印刷)あります。

Easy-PhotoPrint EX です。

Windowsでは問題なく印刷できるのにOS X v10.11(El Capitan)で印刷できないというダイアログが表示されてました。

テキストの文章やウェブサイトのページでは問題なく印刷できるのに…

そこでQ&Aを読むと一度アンインストールして再インストールを勧めておりました。マックの環境設定を開きプリンター項目から下の[ – ]選択して一旦削除します。

改めてDLしてきたドライバーでインストールする

環境設定を開きプリンター項目で何もない状態… (´・ω・`)

インストールしたのにと思いながら

+ ボタンを押してプリンターを追加しようとした時に!!!

何とプリンター bonjour と Canon IJ Network と二つ表示されてました。

!!!!! (`・ω・´)

そこでアハ体験w どっかで聞いた言葉ですね。

今まではマック側のドライバーでの認識なので付属ソフトならばキヤノン経由だなと思い立ち追加してから

Easy-PhotoPrint EX

を立ち上げてみると今まで印刷できませーんと出ていたダイアログがなくなっておりました。

Parallels Desktop の怖い話

現在新しいParallelDesktop11を使ってWindowsOSを動かしておりますが、以前インストールした古いバージョンのファイル(ParallelDesktop4とかの時代にインストールしたWinOSなど)を最新のに移行した際の出来事です。

ParallelDesktop本体を起動して開くコマンドから昔のファイルを選びます

自動で変換がされます

まずWindows2000はブルースクリーンの連発で変換されない

手動へ切替でも同じ… (´・_・`)

じゃぁWindowsNT4をトライ

古いデータは各OS名のフォルダにいくつかのファイルが存在している

最新の11はひとまとめになったファイルが一つあるだけ

そこで2000のブルースクリーン連発を経験して

フォルダから各ファイルを標準で作成されている「書類」「Parallel」フォルダ内に直接展開してから変換したらあっという間に完了してNTは起動できましたが、これまたいきなりブルースクリーンがでました…

そこで起動の際にVGAモードで起動させます。

そこではブルースクリーンでなく普通に起動されてからParallelToolsからグラフィックのドライバー更新でブルースクリーンが無くなり普通にVGAモードでないNTを起動することができました。

一からNTをやり直そうとParallelDesktopからNTを削除したら!!!!!!!!!

Parallelフォルダ直に展開していたためParallelフォルダごとゴミ箱へ…

その他のWindowsOSも一緒にゴミ箱へ…

そうとう焦りましたよ!!!!

落ち着きながらゴミ箱からParallelフォルダをいつもの「書類」フォルダへもどしたら復活…

こわい、こえー、まじ、あぶねー 危険っす! (`・ω・´)!

皆さん気をつけて下さいね…

古いバージョンのファイル(WinOSなど)を変換するときは当時作ったフォルダーごと移動させて、バックアップも一緒に作ってくれるので、ソフトの言うとおりに進行しましょう… この場合は…

なぜか無性にPC9800系にざわざわしだしたw

2016年5月15日ちょこっと修正

その昔w キャンビーなるNEC98のWin機を初めて購入しました。
これが初PCなんですw

いまごろですが保管しておけばってやつです…(´・_・`)

親戚に引き渡したその後はどうなったのかわかりません…
まだ残ってるかな… 今度伺いましょう。

PC9800シリーズのMS-DOS6.2を引っ張りだしてきて
98のエミュを探してDOSをインストール
の前にMS-DOSはフロッピーディスクです。

フォーマットも98用で1.2バイト? キロバイトですね(^^;

すでにFDの知識は記憶が飛んでますw

まずPCにフロッピーを読み込まないといけません…
そこでFDをイメージ化するのに使ったのが

DiskExplorer です。

Win7の64bitでも動きました当方のPCならばです。

そこで昔持っていた富士通のノートPCでLooxのT86に使っていたUSBフロッピーディスクを引っ張り出して…(Looxはすでに売却済みですがその後にT86の上位版をヤフオクで入手しました。もちろん眠ってますがw)

そのUSB-FDをWin7機に指します。ドライバーが更新されます。認識されます。

PC98のFDを投入します!

あれ、反応しない… (そうです最近のUSBに指すと勝手に認識とかありますがFDはクリックするまで反応なしなのを思い出します。設定で変わるかもしれません)

FD逝かれたかとか思いながら!マウスをあて起動すると…
問題なく読み込みが始まりました。

*ここからツールのお話

DiskExplorerを起動させて

いきなり開くコマンドで窓が起動しますがキャンセルで窓を閉じます。

ツールの特殊からディスクイメージの作成を選んで

ファイル名と保存先を指定して、ドライブの設定ですが標準でAドライブ選択

サイズを1232KBを選んでから実行でイメージ化が完了です。

98エミュを起動させてまず仮想HDDを作成し、AドライブにMS-DOSの1番目を選択させてからの起動。

次々と8枚インストールしてからの再起動で無事MS-DOS6.2が起動しました。

とここまできましたが実はPC98のMS-DOSは初めて触ったといって良いと思います。
以前学校で98ノートの一太郎3?を学校の授業で5,6回触ったことがありましたw

一太郎で文章つくろうな授業でしたからPC周りの勉強は皆無でぇ
PC98MS-DOSは初トライな状態ですw

DOSは簡単なことはWin95の時代に勉強はしましたけどね

コピーとかw ドライブ指定しての移動とかw

勉強したうちに入りませんね(笑

 

使用したPC

自作PC OS Windows7 64bit

USB-FD FMV-NFD52S 3タイプのFDを読み込めますので良いですね。

ただ読み込みだけでフォーマットができない系ですね

OSを見るとWindows2000ならフォーマットできるみたいなので
保管してあるOSを仮想化してフロッピーが扱えるかテストですね。

ザワザワして98系を引っ張りだして来ましたが、熱もさめるかな?w

 

PCGame Diablo3 RoS ELSA nvidia geforce gtx 750 ti

以前に書いた記事でディアブロ3とグラフィックカードの相性かなと思っていた内容がありますが、やはり相性だったようで…

あたらしく搭載電源サイズも考えて中途半端なパリットのGTX950を搭載しました。

Tmpegエンコーダーのソフトもたまに触るのですが、これがまたなんとあたらしいx265にはGTX960から対応とのことでまたやっちまった感を味わっております。
以前からあるCUDAには対応なんですがね…

記憶違いなら失礼しますがCUDAは編集効果に影響があるって読んだ記憶があります。

ただ単にエンコードではあまり意味がないような気がしました…

まぁ買ってセットも終わったのでもう良いですし、画面はキビキビ動くのでこのままで行きましょう。

前の750Tiは補助電源なしでスマート(ワンスロット)でそれはそれでいいのですが、今回はしっかりと補助電源ありの方が安定するかなと思ったところです。

ディアブロ3のグラフィック設定を最高にして足下の草「ゆらゆら」まで描画でも問題なし、以前あった突然のブラックアウトもなく安定してます。

結論
やはり相性だったようです。
こちらの環境ではのお話です。人によっては問題なく750Tiで動く人もいるでしょう。

 

んっ! これ書いて思ったのですが…

グラ設定を最高にしていたら750でも落ちなかったとかないよね…

ちょっとあまたの中によぎりました…

なにもかもなにかが足らない君でした…

もうやだw