Parallels Desktop の怖い話

現在新しいParallelDesktop11を使ってWindowsOSを動かしておりますが、以前インストールした古いバージョンのファイル(ParallelDesktop4とかの時代にインストールしたWinOSなど)を最新のに移行した際の出来事です。

ParallelDesktop本体を起動して開くコマンドから昔のファイルを選びます

自動で変換がされます

まずWindows2000はブルースクリーンの連発で変換されない

手動へ切替でも同じ… (´・_・`)

じゃぁWindowsNT4をトライ

古いデータは各OS名のフォルダにいくつかのファイルが存在している

最新の11はひとまとめになったファイルが一つあるだけ

そこで2000のブルースクリーン連発を経験して

フォルダから各ファイルを標準で作成されている「書類」「Parallel」フォルダ内に直接展開してから変換したらあっという間に完了してNTは起動できましたが、これまたいきなりブルースクリーンがでました…

そこで起動の際にVGAモードで起動させます。

そこではブルースクリーンでなく普通に起動されてからParallelToolsからグラフィックのドライバー更新でブルースクリーンが無くなり普通にVGAモードでないNTを起動することができました。

一からNTをやり直そうとParallelDesktopからNTを削除したら!!!!!!!!!

Parallelフォルダ直に展開していたためParallelフォルダごとゴミ箱へ…

その他のWindowsOSも一緒にゴミ箱へ…

そうとう焦りましたよ!!!!

落ち着きながらゴミ箱からParallelフォルダをいつもの「書類」フォルダへもどしたら復活…

こわい、こえー、まじ、あぶねー 危険っす! (`・ω・´)!

皆さん気をつけて下さいね…

古いバージョンのファイル(WinOSなど)を変換するときは当時作ったフォルダーごと移動させて、バックアップも一緒に作ってくれるので、ソフトの言うとおりに進行しましょう… この場合は…

Adobe InDesign CS6 アップデート エラー からのアップデートできた。

 

idcs6up81

↑ 念願のバージョン8.1に。

★アドビ製品使ってますがInDesignだけCS6のアップデートが失敗やエラーでいままでぜんぜんアップデートができない症状が続いておりました…

以前CS3のインストールでも昔のMacOSがらみでパワーマッキントッシュ系プログラム関連で書き換えないとだめなのかと思いながら…

いろいろ検索しても違う内容だったりで…

つい最近ここでまた検索してみたらなんと解決策が出てきました!

見つけたかたサンクスですよ。まじでって外国の方みたいですね。

CS6をインストールしてアップデートするとまとめて更新できますが、InDesignだけ更新できませんでした。

そこで直接アドビサイトから個々のアップデートをDLして更新しました。

CS6はバージョン的に8.0にあたるそうです。

個別DLで8.0.2までは更新できましたがさらに8.1.0があるようで…

しかも個別ダウンロードでなくサーバーから直接DLアップみたいですね…

いろいろアップデートしていくとCreative Cloudなるソフトもインストールされ

これはいままでのアプリケーションマネージャーにあたるみたいですね。

ここにもInDesignのアップデートがあるよと!がついてお知らせしてくれますが…

DLするとエラーば出て更新できないw

しばらくあきらめていて…

つい最近ググってみると…

解決策がわかりました。

参考にしたのは↓ こちらから

https://forums.adobe.com/message/7180620

ターミナルの操作がっていいますがコピペで更新なだけ…

ですがターミナル操作とsudoコマンドなのでバックアップなど行ったうえで更新が良いと思います。

ターミナルでコピペしてリターンするとパスワード要求で入力してもまたパスワードが表示…

なんか やったか やばいのか 汗 (^^;)

メニューバーを見るとCreative Cloudが立ち上がっておりましたので、一端メニューから終了を選んで…

念のためターミナルも再起動してからの更新です。

ターミナルでコピペしてパスワード入力が終わるとCreative Cloudが起動します。

そこからアップデートを行ってみると あれよ あれよで ダウンロード完了

そのまま 更新 アップデートができました。

良かった良かった。

 

 

 

本体はバージョンアップできたのですが、プラグインがたらないでいくつか出てきてるのがあるのですが… その解決は 先送りにw

 

tips PhotoshopCS5にて終了後にエラーがでる。

仕事でPhotoshopCS5を使ってますが、終了するとともにエラーが出るようになりました。

再インストールか?などと思いながら検索して調べることに。

エラーファイルが BIB.DLL という表示
そのほかにも数値などが出てきますが正直わかりません

DLLファイルをいれて検索するも、1件だけヒットしましたが、そこでは解決せず…

知恵袋サイトで近いエラーなどの質問を調べていると

環境設定ファイルについてのURLがありましたので早速アドビのサイトでチェック

一度やってみましょうということで

説明通りにフォトショを起動後に
 Ctrl + Alt + Shift を押すも 変わった様子がなく…
時間だけが断っていきましたw

そこで、思い立ったのが、起動したと同時にキーボードを押すのかなと思い(PC触ってきた長年の感ですw)
フォトショのアイコンをダブルクリックしたと同時に上のキーを押す!

そうすると、なんてことでしょう〜w

ダイアログが表示されて、設定ファイルを削除しますか? と表示が現れました。

「はい(Y)」 を選んで削除後にフォトショを終了。

その後、立ち上げて終了を数回、ちょっとした作業をしてみて終了してみると…

いままでエラーがでていたのがまったくでなくなりました。

今回はどうやら設定ファイルがなんらかしらの影響があったみたいでした。

エラーがでる場合の解決策の一つとしてやってみる価値はありそうですね。

上記はWindowsでのお話でMacの場合は Command + Option + Shift キーを押すようです。