nikon coolpix p7700 p7800 と スピードフラッシュ

p7700は中古で入手…水平電子機器が調子わるそうw

P7800は中古を物色中にニコンダイレクトにて直売を見つける保証3年もありでこちらで決定〜

Amazonにてスピードフラッシュを買う

Nikon適応とのことで取説も中国語と英語のみ

中国語みると………

昔、北京に行ったときに見た漢字はわりかしわかったんですが…

北京語とはちょっとちがう????

英語も見たけど………

さてどうしたもんかでぇ、ここは検索ちゃん……

やっぱあまり情報ないw

あっても掲載していなのでしょうね。

昔のWEBはそれなりに情報も確りしてたけど、多くの人が入ってくると…

しかも情報がお金になる時代なので…

昔がよかったってこういうことでしょうか?w

買ったのは「K&F Concept KF590EX-N」

詳しくAmazonレビューに画像乗せてある人もいたしその人の?WEBも見たけど簡易でセッティングまでは掲載なし

画像なしでテキストだけですが簡単な手順で接続方法を…

内容は後日編集しますw

追記(2016年9月26日)

ワイヤレス発光の簡易手順

本体のフラッシュを立ち上げる

撮影モードはAUTO以外でP,A,Mなど

メニュー → 設定 → 発光切り替え → AUTO

撮影状態 → フラッシュボタン → CMD

発光の量を制御する時はフラッシュ本体またはカメラのCMD設定メニュー → 撮影メニュー → コマンダーモード 内で設定可能です。

格安SIM docomo i-mode mail 機種変 soft bank OCN モバイル one

家族のスマホも大手から格安SIMへ変更しました。

以前ここでも掲載しましたが、どうやらドコモの設定内で変更があり、去年の方法では接続できないような仕様へ変更のようですね。

その辺は詳しく書かれているWEBサイトにお任せして、こちらではやっちまったーという内容をお伝え致します。

元となるiPhone5でSoftBankこれをバックアップして

新となるiPhone5Sのドコモ版これに復元します。

ドコモのガラケーでメール放題へ(サービス名はドコモサイトでどうぞ)契約してiモードとSPモード両方に入ってiとSPのメールを設定する

SPのメールを格安SIMに紐付けとここまで来て良かったのですが…

標準のメールアプリを立ち上げると………

SoftBankの以前設定していたi.soffbankメールが立ち上がり、つながりませんよとダイアログ、設定してくだいと毎回丁寧にお知らせしてくる…

いろいろと設定から読み込みを解除とかしてもダメ…

それならばメールアカウントを削除と思ったら削除ボタンがない!!!

検索してみると2〜3年前にそのような症状があるサイトが出てきて!

これだと思い、iPhoneからSoftBankのプロファイルを取得へとつなげると…

これが回線がちがうのでつながらない…

WEBでの紹介で最悪ながらプロファイルをインストールしてからのメールアカウント削除ないしはプロファイルの削除ができないことがわかりました。

(その他の方法があるのかもしれませんが当方はそこまでせずに)

ここはしょうがないということでこのまま使うのもと思いましたが、表にみえないプロファイルが邪魔するかもしれないのもいやだというこで…

元のiPhoneからプロファイルを削除して(SoftBank系で3つインストされておりました)削除したらメールアカウントも一緒に消えました。

もう一度、復元を行いまして… 無事プロファイルがない素のiPhoneとして格安SIM経由スマホにあいなりました。

ほんと面倒でしたね…

ただまだ何かあるかわかりませんから元のiPhoneはまだリセットせずにしばらく放置しようと思います。

問題ないようならば当方所有のiPhone4、5x2の3台をアップルストアでリユースして頭金としてiPhoneSE64GBを狙おうかと模索中です。

 

PC版DQXとPS4コントローラーとMacとParallelDesktopとWindows8.1

早くPS4版のDQXを出してほしいと思いつつ
遊ぶ時間がとも思いつつw

まずはがっつり遊ぶときは別としてサクッとアイテム整理などなどで簡単に
ということで普段使うMacBookAir11にParallelDesktopにWin8を入れDQXを忍ばしておりますw

そこで小型で実績もありそうなブルートゥースなコントローラーを探すもなかなかありません。
あってもLRの入力が1個づつ… 2個ないと駄目です。
なくても設定をすれば遊べると思いますが(そもそも軽く遊ぶだけならそこまでなくてもとなりますがw)。

わざわざ購入もどうかというこですでにDesktopに繋げてあるPS4コントローラーをつなぎましょうとなりました。

いままではUSBケーブル接続でWindows側で設定するとPS4コントローラーでも遊べます。
それを試してすでに1年ほど経ってますので

WEB先生に検索しました。

DS4WindowsからInputMapperに という記事を見かけて

DQXでも行けるか試そうと思います。
※外部入力の検知でログアウトにならないとよいのですがね (´・ω・`)

どっかにInputMapperでDQXやってると見たので行けそうかな
それとも 空目かなw

仮の記事でとりあえずUP中〜
今後更新します。

*追記 2016年2月15日

実際にまずPS4が認識しませんでした(笑

Macにはブルートゥースでつながるのですが、その先のParallelDesktopのWinには認識せず…

昨日、別のゲームパッドを試しました。

なんと仮想のWin内にブルートゥースが認識!

よしこれで行けるか!と思いましたが、DQXのコンフィグでは表示されないなどがあり…

結局の所、断念しました…

認識までしたのは下記のipega game controller

IMG_5583

残念ではありますがそもそもそんなに時間もかけられずということで

以前に使っていたHORIのワイヤレスゲームパッドへ変更です。
こちらはUSBからの無線ドングルを接続しての方法なので無事認識しております。

WIRELESS HORIPAD3
HP3-140

hp3

 

といいつつ、リベンジと思っております。(笑

 

メモめもmemo Parallels Desktop for Mac と プリンター printer について

個人的なメモ書き

Parallels Desktop for Mac を比較的初期から使っております。
バージョン3ぐらいからはじめました。

現在はバージョンは10と11の使用です。

最初はウインドウズの各バージョン保有するという趣味的な意味だけで(笑
すでに入手困難なバージョンもあり(オークションで見かけるときもありますがお値段がとか…)
現状あるのはWin95,98,Me,NT4,2000,vistaこんな感じですね。

新しくなったParallels Desktop for Macで前のバージョンに作った仮想を変換するとなぜか
再起動を繰り返してだめだったのでただいま絶賛保留中です(笑

今回はその話ではなく…

プリンター周りの話

USB接続でなくネットワークでつながっているプリンターでのお話

Parallels Desktop for MacはデフォルトでHP製のプリンタードライバーがセットアップされます。

A4サイズでの印刷だけならば問題ないのですが、年末もあり年賀はがきを印刷しようと
模索したところはがきサイズが見当たらず、個別にサイズ入力して保存からいけました。
ここは問題ないのです。

問題があったのはプリンターの紙、排紙関係です…

まとめて紙セットしたところから自動で選択されて印刷なのでその方法ならば問題ありませんが

手差しで行いたい時が困りました

設定項目にもちゃんと「 Manual feed 」手差しがありましたが…

使っているキャノン製「MG6230」だと機能しませんでした。

そこでパラレルサイトに飛んでQ&Aを見たり、先駆者のウェブみたりで行っても旨く行きません…
私の設定ミスかもしれませんね…

見ていくうちのAppleサイトにある「Bonjour Print Services for Windows」を試すも旨く行かず…
これもまた設定ミスかもしれませんが…

また大手情報サイトに載っていた方法でも駄目で…
設定方法は…

  1. 共有プリンタのMacとの共有チェックを外す(ここでHP製のドライバーが消えます)
  2. 設定項目の下にある+を押してプリンタを追加する
  3. そこでプリンターの機種を選ぶと各プリンター機種のデフォルト設定が読み込まれる

★じつは以前、なにげなく設定してプリンターが動く方のパラレルを比べてみる
(設定方法を忘れていたました(笑

parallelsの設定項目にあるネットワークが「共有ネットワーク」これだとキャノン製ドライバー(ネットワークを探してドライバーが入るタイプ)がネットワークを調べますがありませんとはじかれる。

ソースを「デフォルトのアダプタ」これに変更するとネットワークが再構築されますが、
キャノン製ドライバーがネットワーク上にあるプリンターを探せてオリジナルなプリンタードライバーが入り独自の設定での紙選択や手差しが選べるようになりました。

 

MVNO回線でdocomoのSPメールをiPhoneで受け取るしかもプッシュで!

追記:2016年5月8日

今年に入ってからも家族のスマホにドコモメールを設定しました。
去年はわりかし簡単に設定できたんですが、仕様が変わったらしくドコモのAndroidスマホからだと設定画面がでないようですが、エージェント変更できるブラウザーからiPhoneで接続ですよとすると設定画面がでるようです。

なんとか設定ができましたが、この方法でもいつまでメールが使えるかわからないので覚悟をしつつの利用です。

まぁ使えなくなっても最後は

「ドコモメールのマルチデバイス利用」

がありますのでプッシュでなくなりますが、そこは我慢で行きましょう。

バッテリーの様子もありますが頻繁にメールチェック設定すれば読み込みもあるのでわざわざドコモのAndroidスマホまで用意などせずにWifiで行けますし、初回のドコモパケットも気にせずに登録できます。

初回のパケットが3700円かかりました(笑

 

メールの読み込み間隔設定は…

iPhoneの設定からメール/連絡先…を選んでデータ取得方法へ

下にあるフェッチの間隔を15分にすればドコモメールを確認出来ます。

 

 

 

追記:2015年4月26日

※数ヶ月使った感想です。

電話問題なし!
メール問題なし!
ショートメールも問題なし!!!
(しかしながらiPhoneの場合は件名なしでないと送れないってこれ常識か?w
(ほとんどメールのみでショートメールなんて使わなかったので…

SPメールで設定したドコモメール
ん〜〜〜〜〜
プッシュでもラグあるね…
まぁ仕方が無いか
3キャリアの直モバイルメールとくらべると仕方が無いかな…

■ここから今までの掲載内容(↑:追記内容)

やっと念願のドコモメールをプッシュで受け取ることが出来ました。
けっこう悩んでしまいましたw

みなさんは簡単に設定しちゃったよん ってな感じなんでしょうか…

いままでは、iPhoneの標準メーラーにてIMAPで設定し、フェッチ表示のみでした。
ここでの問題はiPhoneはドコモから入手するプロファイル設定でないとプッシュにならないこと
ドコモ主回線でないiPhoneは接続ができないこと。
あきらめる要因はここでした。

先人のブログで「iPadから接続したらiPhoneもプッシュ対応になった」という記事に目が行きました。

iPhoneではフェッチでの受け取りだけかと思ってましたが以下の方法でなんとかプッシュに。

※やっとできたのでメモ的に個人的に残そうと思いました。
※注意、個人の感想です。マネやお試しをされても自己責任です。よろしくどうぞ。

2015年1月16日現在です。
2015年1月26日文言修正。

●回線
・MVNO回線(電話付きです)
・docomoのメール使いホーダイ 「フューチャーフォン(ガラケー)SIMはマイクロサイズ」

●機種
・iPhone5S(ドコモ版) ←これを入手しましたがSIMフリーでも行けそうですねたぶん
・docomo P-02DのLUMIXPhone SIMはメール使いホーダイ携帯のを使うためマイクロサイズ対応
(AndroidOSはVer4.0にアップですが入手時にはアップ済みでした)
・iPad (メール設定用のプロファイルを読み込むiPad用)
iPad2のWiFiタイプを持っていたのでこれです。

メール使いホーダイの契約はiモードですが、ここにspモードも追加します。
spモードへ変更でなく、iモード契約との併用です。

ガラケーのSIMをドコモスマフォへ入れ替える。

docomo ID利用設定を有効にする必要があるためです。
ここでP-02Dの出番です。

Wifiでなくドコモ回線(3Gでつながりました)で接続して、ドコモメール設定確認の「docomo ID利用設定を有効にする」 項目を選びます。

※ドコモメールがバージョンアップし、対応機種があるので注意です。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/compatible_model/index.html

パケット通信でやりとりでないとID利用設定の変更ができないようです。
メール使いホーダイ契約時にパケホーダイも入っておりましたのでちょっと安心
(とはいっても実際は使ってみてからでないとなところがありましたが…)
請求書確認で、たかだか5MBほどの接続なのに3700円ほどパケット代がしっかりかかりました…w
ID設定ページだけでなく、余分にサイトを見たせいかもしれません。

ここでP-02Dの出番は終了です。
本体(対応機種)は家族や友人などに借りるのも手ですね。

ここでiPadにてマルチデバイスでのご利用方法に入ります。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/multi_device/index.html

iPadに設定できるプロファイルをインストールします。
これでまずはiPadでドコモメールをプッシュで受け取り可能になります。

次にiPhoneから標準メーラーのメール追加を行っていく。

他のメールソフトからのご利用方法
https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/other/

上記設定でIMAPによる受信サーバーなど設定する。
設定後に自動受信設定のiPhone版サポートページ参照でプッシュに設定!

やっとドコモでないiPhoneからドコモメール入手可能となりました。

iPadからのプロファイル設定をしていないときはiPhoneでIMAPメール設定をおこなってもフェッチ以外の選択ができませんでした。
先人のブログではiPadの設定後、プッシュが自動更新されたようなことが書かれてましたが、なかなか表示されないので一度メール設定を削除して新たにメール設定を行ったところプッシュが表示されました。

※注意する点は、マルチデバイスからの利用なのでIDとパスの取り扱いに注意ですね。

自動受信設定(iPhone)
https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/usage/operation/push/index.html
ドコモメールのマルチデバイス利用
https://www.nttdocomo.co.jp/service/docomo_cloud/docomo_mail/function/multi_device/index.html

MVNO回線の月2GB電話付きで 約1700円
ドコモのメール使いホーダイ 約2000円
合計 約 3700円 運用ですが、通話代は別です。

iPhone3G や 4 の時代な通信費用になりました。

毎月通話代に4000円以上かかる人は、こんな面倒なことせずに3キャリアのiPhone契約ですね。