WindowsUpdateができない やっぱりいつも苦戦する編

タイトル通りのアップデートがなかなか進まないのでいつもやきもきしてます。
途中でシャットダウンしてまた今度ってなります。

最近はWindows7,Win7のアップデートがうまくいきません。
この7はVMで動かしております。
いつも稼働ではないところがいけないんですが、、、

色々なアップデートの方法がウェブサイトやブログにあるのでここではそこまで突っ込まずに先駆者たちに任せますね(苦笑

20年近くパソコンを触ってきてはいるといっても、プログラム周りを詳しく勉強してきたわけではないので(苦笑

では今回は何だって話なんですが、、、

家にはとあるルーターをかましております。
それは特定の国や危険とされているサイトにアクセスできないようにするネット機器を使っております。

まぁ設定次第なので完全ではないし、気休めなのかもしれませんが(苦笑

ないよりはマシかなとw

話は戻しまして、ウインドウズアップデート周りも、昔と同じサーバーやIPやアドレスが設定されているとは限らず、何かしら変更されているように見受けられます。経験で感じたり、こちらの勘違いだったりするとは思いますがw(詳しく調べておりませんのでご注意くださいね)

勝手な思い込みでマイクロソフトだしウインドウズだしアップデートのデータや接続は米国でしょって先入観でしたが、去年ちょっと調べた時には南米にあったり(IPだけや経由ってことも考えられますね、その方が安かったり、法律も絡んだりするのかもしれませんね)だったのでルーターへ特定のアドレスやIPを設定した記憶があります。

そんなこんなで今回も、なかなかアップデートしないので、接続先を調べて、ルーターに接続許可をしたら、、、

なんていうことでしょうw

すんなり進みましたよ、、、

とは言いつつ、その前にCドライブのディスククリーンやアップデートサービスの停止や開始など行ってからではありますがw

今回のまとめ
先駆者のウェブサイトを検証するw
国別やIP先でのルーター設定で問題なくても、アドレスやIPを個別に設定する

今回設定項目に加えたアドレス
microsoft.com
windowsupdate.com

設定に気を配りましょうってお話でした。
今回はこの辺で失礼しますね。

でわでわ

tips コマンドでシャットダウンができるなんてさっき知ったっっっっw

Win98 や Win2000 のころはアプリでシャットダウンできるソフトなんて探しては試していたのですが…

2000のころからコマンドでシャットダウン出来たなんて…

無知ってこわいねw

当時3DCGのレンダリング夜中に回してなんかよくやってましたが、レンダリングが終わる時間がおおよそ表示されます。
その余分な時間も足してPCの電源を落とせないかなと、当時探しておりました。

結果、まともに動くのと動かないのとがありましたが、結局、朝まで電源入れっぱなしなんてことがざらになって使わなくなった記憶がございますw

最近ふと、動画をYouTubeにアップした際に、アップロード時間が長かったので、思い出したのがシャットダウンするソフトがないのかと検索をかけたら…

コマンドでできるじゃーないですか!!!!!!

こんちくしょーw

ためしたらあっさり出来るw
しっかり電源OFFw
主電源はしっかりON っっっっっw そこは別物ですねw

ということでネット回線非力なので動画アップなどは上げてから終了までの時間を見て、シャットダウンコマンドを行っていこうと思いますw

この記事はWindowsでのお話ですよ。

windos2000 / windowsxp / windowsvista / windows7 と動くようです。

windows8 試さないとねw

コマンドクロンプトを起動 スタートから検索窓に cmd が早いと思います。 ショートカットが一番ですがw
「shutdown -s -t ○○」を入力。
○○部分に、秒数で入力すると
指定した秒数後にシャットダウンとなります。

目安として
1m = 60

5m = 300

10m = 600

30m = 1800

1h = 3600

1h30m = 5400

2h = 7200

2h30m = 9000

3h = 10800

3h30m = 12600

Win機、デスクトップ、メモリ変更したら、エクスペリエンスが評価できなくなった…

Windows7 ultimate 64bit OS なお話

ちょっと不具合ありなPCを組んでしまったのですが…

症状としては、ブルースクリーンがたまにでたりする…

気になるソフトを削除してw

インストールの時もメモリー2枚差しだとだめで1枚ならインストールが可能な状態でもあったため

メモリーを新規に変更した

そうしたら…

ハードウェアが変更されたのでエクスペリエンス評価が古くなる

評価を行おうとクリックするが反応しない…

!マークの横になぜか バッテリ駆動では再評価できない とコメントが出ている…

あのーデスクトップ機でコンセントでバッテリーはなく、有ってもマザーボードに付いてるボタン電池なんですが…

ここから途方に暮れる…

再起動したり、セーフモード入ってみたり、メモリー1枚にしたり…

検索してもデスクトップでバッテリ駆動なんて記事もほぼなく…

知恵袋に一件だけありましたが、解決していなく…

エクインの評価について調べたら、いままでのデータを削除するという記事を見つけ

C¥Windows¥Performance¥WinSAT¥DataStore 内の *.xml を削除するも変化なく… (-_-)

もうちょっと検索したら コマンドプロンプトで入力する コマンドを発見したので 試してみる…

スタートアップ 検索入力で cmd を入れてプロンプト開く

そこに winsat formal -restart を願いながら入力 エンターすると…

ばらばら
数値がでてきて
ウインドウも透明な状態から測定中になる透明でない状態になり
測定に入りました!

これは! エクインが動いた! と喜びながら しばし待っていました…

測定が終わって ウインドウもグラフィックドライバー当てた後の透明なグラフィックへ戻って、
先ほどのWinsat¥DataStoreフォルダ内にもxmlファイルが表示され、

おそるおそる コンピューター アイコンから プロパティを開き…

一番低い数値が表示され!

青文字のw Windows エクスペリエンス インデックス をクリックして…

見てみると!!!!!!!!

がーーーーーーーーーーん 基本スコアがなし バッテリ表示もあって コンピューターの評価 もクリック出来ず

脱力感のなかこの記事を書いてます…

解決して、参考にでもなればと書きつつ… 解決出来ず……

やはりクリーンインストールなのかCMOSクリアでもするか…

この際新しく買ったメモリー積んで、クリーンインストールかな… とほほ (T_T)