macOS Sierra 10.12 Adobe CS6

macmini に maxOS Sierra をインストールしました。

ことの発端は Sierra の前 OS X El Capitan を問題なく起動させてました

(何故ならばAdobeのCS6を使う予定で、10.11 がJava対応最終とのことで選んでました)

しばらくして、仮想OS の Parallels で OS X Lion が開かなくなり
そこに10.11.6へのアップデート催促がきてw
何も考えずアップデートしたら…

OS のセキュリティーアップ 全てはそこから始まりました

アップ後に再起動して
いつもならばディスプレイ全体に表示される起動画面が一瞬だけ小さく表示
その後すぐに全画面へ変わるのですが…
ん???と思いながらも

ユーザーアカウントでログインするとまたアップデート中〜と表示
また表示

アップデートが終わり再起動

ログインで

いつまでも ぐるぐる 状態…

そこで検索ちゃんの回答で PRAM などリセットしても セーフモードで入っても
改善されずに しかも 英語表記に変わってしまい

そうだ ユーティリティ画面から再インストールだと思い

(当方の環境では コマンドRの再起動と再インストールOS は個人データ が残ります)

再インストールを行うとアップデートした 10.11.6 が再インストールされ

これまたログインから入れない状態でした…

そこで、調子こいてタイムマシーンで復活!
と行ったは良いのですが…

最新のTime Machineへのバックアップが行なっていないことに気づきます…
そこに仮想OSのLionなども含まれており(バックアップがない状態)

復活させたのはいいですが
重要なデータが消えたお話でした…

皆さんも常にバックアップは行いましょう (悲

そんなこんなで 最新OS macOS Sierra をこの際に導入となりました
何も考えずに更新されないけど今までならばJavaをインストールしてから CS6という認識なので
インストールしたら後から検索ちゃんでなんとJavaを入れなくても仮想フォルダがあれば
認識するよって話を見つけたのでした

余談ですが Time Machineの際に前もってCS6のライセンス契約 解除をネット経由で忘れておりました

ヒヤヒヤしながらCS6をインストールしましたがCS6からAdobeのデスクトップ creativecloudアプリで
AdobeID経由で起動など見ているらしく問題なくインストールと起動ができました
(もしかしたら同じ機器なのでそのまま認証したのかもしれませんね)

インストール後のCS6はショートカットが文字化けしてしかもキーが効かない状態ですが
アップデートをすれば文字化けも治りキーも反応するようになりました。

Photoshopが文字化けしてIllustratorは文字化けなし(その他は試していない)

10.11 の時はpremiumのアップデートがいつも失敗して手動アップデートでしたが

10.11 はpremiumのアップデートも問題なく終了しました、それぞれクセがありますね
機種ごとやメモリ/HDD/SSDの構成による癖もあるかもしれませんね

macOS Sierra は問題なく10.12.1 にアップデート完了してます

macossierra-2016-10-27

まとめ
バックアップは必ず、定期的にすること
ライセンス問題の解除等の確認をすること
インストール前に検索ちゃんすること

modern.IE windows10 日本語化 ソフト アプリ 文字化け

以前に開発用のmodern.IEを日本語化にする方法を簡易ではありますがご紹介しました。

新しく(中古ですが^^;)調達したノートPC、ラップトップPCで
HPのワークステーションを入手しました。

さほど考えずに〜…
フォトショップやイラストレーターなど使うので
NvidiaのQuadroが入っているのでいままで所有のMacやWinPCを処分して購入

久しぶりにフリーソフトの起動・動作確認用に仮想を使うことに

modern.IEをdownload
私はVirtualBoxを選択
ダウンロードしたファイルをインポートして
さぁ起動!



青画面でF8押してどうのうこうの…
起動しません(汗

ここでぐるぐる先生から検索して

VirtualBoxの設定を変えてもだめ…

ほかのサイトでBIOS? Virtual?

あ!!!!!!!

CPUで仮想対応でないとあかんか!!!!

買ったHPのワークステーションは!!!!

BIOS開いてVirtualなんたらがありました…

よかったよかった

ここで追加、modern.IEのOSは64BitのようでCPU仮想がないとVirtualBoxで64Bitが選択できないようです。

BiosでIntel® Virtualization Technology を確認したらOFF状態でしたのでONにして再起動
VirtualBoxの設定で32ビットと64ビットが新たに追加されて選べるようになってました。

画像を用意と思いましたがテキストのみの方が軽いので文字で紹介です。

以前紹介した日本語化でOSとWEB上を日本語で取り扱うことができました。

ここで試したいフリーソフトを解凍して起動すると…

タブとかタブとか付属のReadmeテキストが ???¥¥¥ga;osiehfasgo
ようするに文字化けしてました (´・ω・`)

ここでぐるぐる先生に伺うと

表示が日本語でシステムでは英語のまま なんていう記事を読みました。
紹介しているのはWindows7だったのですが

Windows10でもいけるだろうと

設定等確認してなんとかソフトの文字化けを回避することができました

一件落着ですよ (`・ω・´)

設定方法

Windows10はすでにanniversaryでした2016年10月21日時点

VirtualBoxへのインストール後、日本語表示化を行っておきます。

Win窓(左下アイコン)
歯車アイコン
時刻と言語
関連設定
日付、時刻、地域の追加設定
地域の変更
形式 (私の環境では「Windowsの表示言語と〜」が設定されてました)
 日本語(日本)
場所
 日本

形式と場所を日本に設定してログアウト・インの後に
フリーソフトを起動させてら文字化けが直っておりました。(`・ω・´)v

Windows10 anniversary 1607 アップデート Panasonic CF-J10 i3-380M @2010

オークションで処分しようかと思ったのですが…
以前、修理に出して数万かかって治したんです。

オークションにて最近落札されている値段を見ると…
0円もしくは、マイナスなお値段になりそうなので諦めました。

Win7のリカバリーを行って再インストール
最新アップデートを行いましたが、全然進みません… 数日戦いましたが… 一向に進みません。
SP1とIE11は別のセットアップから入るのですが…

最近見かけるアップが進まない 対処方法をウェブで確認しましたが
個別ファイルをDLしても進みません… その間もCPUがフル稼動…

この際、メーカーは未対応なんですがWin10へアップをこころみました。

最初はマイクロソフトからのアップグレードソフトでこれまた数時間待ちましたが、99%まで行ってまた寸止めアップグレード またまた、一向に進みません…

そこで幾つか検索してみたサイトを参考に、以前DLしていたWin10のUSBからセットアップを行うと、今までの待ちが嘘みたいに短縮されWin10へアップグレードできました。

そのあとは、Windows.old フォルダにある utl フォルダにあるドライバーやソフトを導入で !なアイコンなどもなくなり完了しました。

数日無駄にしましたがw なんとか しばらく使えそうです。
ですがヨウツベを見てもファンが唸るので処理が…

ライセンスは〜
ライセンスもデジタルなんたらで認証されてました。
Win7からのアップという扱いかな。

windows10 1607 anniversary アップデート更新でAsus setup list エラーがまたでた

Win7からWin10にアップデートしたときもAsusのLogなんたらってと起動時にダイアログが表示されましたが今回のanniversaryアップデートでも出ました…

解決方法を忘れましたので検索ちゃんして

Asusユーティリティを一度アンインストールします

再起動しますが まだでます…

そこでAI Suiteを再インストールすれば直るだろうと思ったら…

まだ でました (´・ω・`)

もう一度検索するとタスクスケジューラからasus i-,,,,なるのを無効か削除かなんて情報がありましたが…

前には他の方法で直った記憶があるのですが… 忘れましたw

さてさて どうしましょうかね〜

追記(2016年9月26日)

もう一度検索しなおして いくつかサイト見回って 考えてw

ダイアログにある最後の文字が Lost あの飛行機で幻の島に行くってやつでなく (古w

LOST島は最後まで見ましたよ
さんざん冒険させておいて最後…実は…って 冒険する意味あったのかいw
まぁ 生きているあいでは悔いの無いように行きましょうねってことですね そう 解釈しました (`・ω・´)/

話を戻して〜

iniis lost そう ini is lost iniファイルがないんじゃーこらーと×アイコンで表示なんですね

そこでWindows10アップがらみは前のファイルをwindows.OLDファイルが期間残るので探しました。

同じ場所へコピーして再起動です。

さぁ どうでしょう 今 画面起動待ちです ………

ログインして…

無事 lost ダイアログが表示されませんでした〜〜〜〜〜〜〜

どうやらASUS Suite でなくただの ini ファイルがないってことでした〜〜〜 (´・ω・`)

まぁ新しいAsusSuiteをinstallできたってことで良いでしょうかね
普段使ってないのですが…

これにて一件落着〜〜〜

でわねー

そういえば最近のGUのCMであられちゃんを実写化したのがありますが一番衝撃だったのが、内田さんが演じているあかねちゃんが一番やばいっす、すげー似合ってるっっっっっっw

分かる方はわかりますよね

お茶 吹くとこでしたw

nikon coolpix p7700 p7800 と スピードフラッシュ

p7700は中古で入手…水平電子機器が調子わるそうw

P7800は中古を物色中にニコンダイレクトにて直売を見つける保証3年もありでこちらで決定〜

Amazonにてスピードフラッシュを買う

Nikon適応とのことで取説も中国語と英語のみ

中国語みると………

昔、北京に行ったときに見た漢字はわりかしわかったんですが…

北京語とはちょっとちがう????

英語も見たけど………

さてどうしたもんかでぇ、ここは検索ちゃん……

やっぱあまり情報ないw

あっても掲載していなのでしょうね。

昔のWEBはそれなりに情報も確りしてたけど、多くの人が入ってくると…

しかも情報がお金になる時代なので…

昔がよかったってこういうことでしょうか?w

買ったのは「K&F Concept KF590EX-N」

詳しくAmazonレビューに画像乗せてある人もいたしその人の?WEBも見たけど簡易でセッティングまでは掲載なし

画像なしでテキストだけですが簡単な手順で接続方法を…

内容は後日編集しますw

追記(2016年9月26日)

ワイヤレス発光の簡易手順

本体のフラッシュを立ち上げる

撮影モードはAUTO以外でP,A,Mなど

メニュー → 設定 → 発光切り替え → AUTO

撮影状態 → フラッシュボタン → CMD

発光の量を制御する時はフラッシュ本体またはカメラのCMD設定メニュー → 撮影メニュー → コマンダーモード 内で設定可能です。

Windows10 Nvidia インストール されない できない

ようやくWin10の無償アップグレードが終わりましたね。

田んぼのアイコンクリックしたらアップグレード終了しました。

という字がでてきました。

そんなWin10ですが…

Win7からアップグレードしたWin10のNvidiaアイコンにビックリマークのまま何度もNvidiaドライバーの更新しても更新されずにいたので

Nvidiaサイトからドライバーをダウンロードしてインストールしてみると!!!

インストールされませんでしたとxバツ印が…

そうだ一度アンインストールしてからと行ってみると…

なぜか、Nvidiaコントールが右クリックメニュー内に表示されます…

ドライバーは削除されて、コンパネのプログラムと機能にはNvidiaのドライバーは消えております…

アンインストールしたのに…

何度か繰り返していたらマシンが反応しなくなり…

あえなくリセット…

その右クリックメニューのNvidiaコントロールをクリックしても無反応…

そこで検索して、デバイスマネージャーをみてみると不明なPCIが一つと!が付いていましたのでここで削除します。

そこでNvidiaドライバーを当てますが… だめで…

あきらめて再起動

なんとディスプレイアダプターにGTX950の数値が表示

不明なPCIの削除と再起動でリセットされたのかもしれませんね…

そこでディスプレイアダプターを開きドライバーの更新を行ったら…

タスクバーのアイコンに見慣れたNvidiaアイコンが表示され

クリックすると無事にNvidiaコントロールが開きました。

その後、最新のドライバーを落として再度インストールしたら…

これまた無事にインストールが行えました。

良かった良かった…

Windows10にはこれから先も苦労しそうですねw

! Eyf-Fi X2 Pro アイファイから気になるメールが届いた…

写真をとって自動で転送をしてくれているEyf-fiのSDカードとても便利で、発売終了してからも中古で入手など行ってきました。

が…

昨日ごろEyf-fiからのメールに重要なるものが届きました。

すべて英語文なので…

認識不足がありましたらご了承くださいね。

後日更新する予定ではありますが、あくまで予定で未定でございます。

 

*ProX2で設定していたサーバーが使えなくなるような文面がありました。

終了日は2016年9月16日だそうです。

サーバーに保管してあるのはどうやら移行できるようですが手続きがなんたらという文面が…

しかもこのカードを今後も使うには終了日までに転送設定をしないとという文面もありました…

9月16日を過ぎるとサーバーが動かないようなので転送先の設定も反映できないような文面でした…

紹介されていたのはAndroidまたはiOS機器での転送先を設定して頂戴という紹介文まで…

気になったところは今現在経由してあるWifiがあるのならそれでみたいな文面もあるようですが、そのWifiも今後使えなくなったらおしまいですよね…

ProX2のWifiから直にスマホが一番いいでしょうか…

現在、当方はクラウドを使わず(すでに登録できないようですが)にダイレクトモード Wifi機器経由でパソコンへ移行しております。

しかし今後その設定を行えなくなるとPC側も変更できなくなります。

万が一PCが吹っ飛んだらおしまいです…

まぁそこで紹介がスマホへ転送が紹介されておりました。

ただスマホも今後のOSアップデートとか機種変とかいろいろ面倒というかやっかいですね。

まぁBackupもあるのでPCよりかはいいかもしれませんね。

ユーザーはMobiPro16GBを割引ありとかいてあるようですがシップ代が…

安いやつでも$13でノートラッキングだそうです…トラッキングありで$35…

タイミングてきに円高なのは多少は良いのですが…

*9月以降正常に動く保証はないような文面もあるのでMobiに移行してねだと思います。

*9月以降もセンターアプリをDLできても設定が動かないような文面も…

さてどうしたものか…

この割引サービスを利用してMobiに切り替えるか

国内で購入できるFlashAirへ切り替えるか…

期間内に答えをだしましょう。

X2の性能が良すぎたのでしょうかね、どうもMobiの印象は
クラウドで今後も課金してほしい仕様に感じますね…

今後の進展があったらまた書き込みたいと思います。

Mac OSX 再起動もシステム終了も出来ないときは

Launchpad −> その他 −> ターミナル

*システム終了 sudo shutdown + パスワード

*再起動 sudo reboot + パスワード

*解決しないときは sudo halt + パスワード

これを行ったときはHaltでやっとマシンが動きました。

 

なぜ通常な選択で動かなかったのか原因がわかりません(´・_・`)

Windows 10 64 bit ビット PDF サムネイル アイコン 表示

WEB先生に聞いて32bitは表示されるけど、64bitでは表示されないとか

・Adobe PDF iFilter 9 for 64-bit platforms
・Fixes for 64-bit Adobe Reader preview handler and thumbnails

をインストールしたりして再起動してもアイコンそのまま、変化なし…

さてぇどうしようかと思っていながらアクロバットリーダーDCを眺めてたら

環境設定 => 一般 => 基本ツール内の下に

WindowsExplorerにPDFサムネイルのプレビューなるチェックする項目が!!!!

今までの苦労は難だったのか… (`⌒´)/

ちなみにMacにはもともと表示されるのでこの項目がないという…

OSの差か (`・ω・´)