(´・ω・`) やっと解決 Parallels Desktop と OSX Server 10.5 ネットワーク接続方法(遅

Parallels Desktop for Mac にインストール可能なOSXサーバー10.5を入れたのは良いのですが、ネットワーク接続ができずに早、2年、、、 それはそれは 放置しておりました、、、

ここ最近また起動してみたりしていましたが、解決できず また ネット検索しても 掲載がなく、、、
当方にくれてました (´・ω・`)

起動していた意味はオークションなどで入手したMacintosh系のCDなどを見るためでした。
フォーマットが昔のMacintoshでないと読み込みができないなどあったからですよ。

本日、ふと 頭の回転が良かったのかw
ParallelsのQ&Aを眺めていたときに、構成する項目内にあるハードウェアタブ、ネットワーク関連を見ていたら
ネットワーク接続の種類が存在していたのを失念しておりました。

そこで、ネットワーク接続できているosx server 10.6と比べると違う種類が選択されているではありませんか !!!

 

これだと思いそうそう、同じ種類で設定 すぐに 起動 !!!

どうだ!!!

すぐさまSafariを起動すると、、、、 !!!!!

ネットワークに接続されておりません ネットワーク診断・・・

接続できません (´・ω・`)

もうだめだ 諦めようかと思いましたが もう一度 ネットワーク接続の種類を確認して

別の種類にしたら!!!

Safariを起動してみると!!!

アップルのホームページにつながり、iPhoneXの画像が!!!

やりました、ばかでした、あほでした、やっとつながりました!!! (`・ω・´)☆

パソコン触ってはや20年なのにまだまだですな! ひよっこです!
ずーーーと初心者マーク付けときます。 (`・ω・´)キリッ 🔰

情けなさでしばらくフリーズしてますね ⏳⏳⏳

 

これでめでたしめでたしと思いきや!!!!

ネットワーク接続後にOSのセキュリティアップデートを行い、インストール中が表示されやっとここまで来ましたとホッとしているところ、、、

再起動で、、、

またまた ネットワークが接続されない状態が起きました (´・ω・`)

ネットワーク構成を今一度確認して、青反転の状態で初期は接続できたのにセキュリティアップデート後には接続不可に!!!

今一度トライということで、

OSX Server 10.6と同じ構成に設定してみると、、、

ネットワークに接続することができました。

これで今度こそは大丈夫でしょう。

ちなみにこの後もあと2回ほどセキュリティアップデートを行いまして、

無事に最終までの状態へ更新できました。

これで一安心ですね。

 

新規 2018年5月22日午後

追記 2018年5月22日午後2

【HDD交換】DBR-Z610 500GB から 2TB へ そして DBR-Z620 に。

改めて画像など掲載する予定ですがまずはテキストでのブログ記事を。

中古の東芝TOSHIBA、レグザブルーレイレコーダーを入手しました。

REGZA-TVの外付けHDDに録画してあるものをBDへ焼くためです。
数年使っているHDDなので音がだんだん大きくなり始めたので故障前に吸い出そうと思いました。

そこでDBR-Z610をチョイスしました。DBR-Z620も考えましたがZ610の方が安かったので。
Z610は500GBなので1TBもしくは2TBのHDD換装を考えての入手です。

1TBはすでに持っていたので、ショップやオークションで2TB探して入手

Z610が18000円
2TBが7000円
合計が約25000円 微妙なお値段に(笑

HDDは2.5インチサイズ
2tbのHDDは同じくTOSHIBA
交換後、電源を入れると初期設定が始まる
ここで設定してもHDD録画時間が00時間00分と表示
設定から初期化する
初期化が終わり再度電源を入れる
番組表の上にDRモードの録画時間が約180時間越えを表示
機器の名称がZ610からZ620へ変更

※注意することはHDDのSATAコネクタがテープ止めされているのでゆっくり剥がせば問題ないかと思います。

この機種は2チューナーなのでできれば3チューナーがほしいところでした。
TV-USBHDD(DRモードで非圧縮のみ)より録画圧縮も出来てBlu-rayに焼けるのでぜんぜん良いですね。

この後は、手持ちのパナソニックのレコーダーをこれまた500GBから2TBへ交換予定です。

HDMI切替器 3台用 リモコン付 BSAK302 買いました。(`・ω・´)

早速、電源なしで3台切り替えはとても便利なんですが、、、

やっちまったかも、、、

例えば、TVやモニターに外部入力がHDMI1つのみでつなげて切り替えはとても便利かと思います。

しかし、今使っている方法は、、、

液晶モニター 入力は 「D-sub15」「DVI」「HDMI」
この状態でHDMIに試しに1,2の場所にHDMIケーブルを接続します。
問題なく映像が映るのですが、、、

なんと、

なんと、、、

D-sub15に接続したPCからのモニター出力が省電力等で切れてしまうと、、、

戻らないという結果に、、、

そこで切り替え機のHDMI接続していない所(今回は3の場所)に切り替えると、、、

なんと、

これが、、、

写るのですこれが、、、

ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜 微妙〜〜〜〜〜〜〜〜〜

やっちまった完がでてきました。

これ3っつとも接続していると写らないやつかもしれませんね、、、

いままで使っていたバッファローの2台切り替え機では問題なかったのですが、、、

BSAK302 製品のスイッチングにOFF状態なところがあれば最高なんですがね、、、

別の探すか、一々HDMIケーブル抜き差しするか、、、

結局アナログになるのでしょうかね。

やっぱ 安物より その辺しっかり切り替えできる 電源付きの物を探す方が得策なのかもしれません。

ちなみに 問題なく 写るのは BSAK202 の型番です。
取り替えた意味ないじゃん!!!

Windows 自動ログオン タスクスケジューラ

ユーザーログインでパスワードを設定しているとタスクスケジューラで再起動をかけたときにログインしないのでなんとか自動でログインできないか調べたらありました。自分用のメモとして記録です。

ちなみにWindows10でも有効でした。

タスクスケジューラ 自動ログイン方法

ドメイン環境でない
ワンユーザーでの利用

現在のユーザーにパスワードを付けた状態
1.[スタート]から、[ファイルを指定して実行]をクリックし、control userpasswords2 と入力します。
2.[ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェック ボックスをオフにします。
3.[適用] をクリックします。
4.自動ログオン時に利用するユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
5.再度 [OK] をクリックします。

[参考]
Windows XP でログオン画面を表示させずにコンピュータに自動的にログオンするには http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882925

ARecX6 6チャンネル分のテレビ番組(ワンセグ)を24時間録画する

ただいまワンセグ録画で24時間録画中です。
去年までは結構止まっていることがあるのですが、今年に入ってからは止まること無く連続で録画が進行中なんです。

理由はわかりません (´・ω・`)
なんとか稼働しているので良いでしょう。

今まではiPhoneのアプリで録画を視聴しておりましたが、、、
Appが32bitの模様でiOS11からは動作しなくなりました。

持っているiPhoneとiPadは両方ともiOS11なので諦めて、AndroidのスマホにAppをインストールして見ております。
AndroidのAppはまだ問題なく利用できるのでしばらくはこのままで行きましょう。

macOS Sierra 10.12.6 インストールで再起動繰り返しの巻き〜

やっちまいました!!! (´・ω・`)

Time Machineでバックアップせずにまたまたセキュリティパッチ(アップデート)をしたら!!!

再起動後に、数分後に「予期せぬエラー」でまた再起動が起きて、、、
また再起動、、、

検索してみると、何かしらのドライブやセキュリティソフトのキヤノンソフト ESET が?
とかいろいろ書いてあるのですが、対策は ESET Cyber Security Pro のアンインストールのみ

症状が起きても、その後の話を書いてあるブログ等がない 始末、、、

まぁしょうがないとESET Cyber Security Proをアンインストールして、しばらく使いましょうかと思ってましたが!!!

ここは人柱だ! と アンインストール 後に また 普通に再インストールをしてみました。

インストール後、いったんMacを終了します。

起動を行いまして、数分待ちます。(カップラーメンかw)

何も起きません!!!

どうやら、ESET Cyber Security Proとセキュリティアップデート 2018−001 10.12.6 の何かしらのファイルかチェック等が原因だったみたいです。
詳しくは調べてません、もしかしたら全く別の案件かもしれません。

まぁ、動いているようなので今回はこれで良しとしましょう。

まとめ
1,macOS Sierra セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6をアップするまえに
セキュリティソフト ESET Cyber Security Proをアンインストールする
セキュリティアップデート後にESETを再インストールする

2,セキュリティアップデートを行ってしまい、再起動を繰り返し場合
一端、終了する。本体スイッチを押してShiftキーも押す、セーフモードで起動する
ESET Mac アンインストール などで検索すると、オフラインでインストールできるESET Cyber Security Proファイルがダウンロードできる
DLしたファイルを展開してアンインストールiconクリックでソフトをアンインストールする
再起動して、先ほどDLしたESET Cyber Security Proファイルを展開して再インストールする

ちなみに当方の環境は、、、
Mac mini 2012 バージョンです。
ESET Cyber Security Proのバージョンは6.4 6.5とも発生しました。
再インストールは6.5のみ検証です。

ご参考になりましたら幸いです。

懐かしの名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

久しぶりに保管庫からMD-1000を引っ張りだしました。

動くか確認です。

いきなり結論から、無事認識し、テストプリントができました。

後は読んでも読まなくてもOKですw

——–
MD1000なのでこれまた懐かしのWinXP機を引っ張りだしました。

SHARP(シャープ)のPC-MP70Gです。

懐かしの低電力トランスメタCPUです。
シングルコアなので遅いw
かろうじてXPなので動いてますが、、、

付属のCDはWin95なもので、ノートPCにCDを突っ込んでも認識しません、、、

以前ダウンロードしていた(ALPSのMicroDry、ドライバーは有償だったはずで購入したはずとNASにある貯めデータをさがします)
ドライバーをさがして見事ありました。

MD-1000 は昔ながらのプリンターケーブルが必要で、用意したXP機はUSBのみでプリンター接続部分がありません。

これまた以前、購入していた、プリンター変換USBケーブルを引っ張り出して、接続。

構成

MD-1000 プリンター

プリンター変換USBケーブル

ノートPC

ノートPCへXP用のドライバーをインストール

メニューバーからプリンターを選んで、アイコンからプロパティへ

プリンターの設定画面から

Portタブを選び、USBのバーチャルUSBプリンターを選ぶと認識してプリントができました。

ただし、ダイアログ下にある 双方向サポートは チェックを外しました。

以前、雄志のサイトにてMD系プリンターUSB接続時には双方向が使えないなどの記事を見たのを思い出し、設定してみました。

でも〜 造形やプラモなど 現在やらないので オークションにでも出そうかな〜

追記

利用したプリンター変換USBケーブル

ELECOMの「 UC-PGT 」という製品ですた。

Dixim BD Burner 2013 2017年12月で終了ですね

以前購入後 どっかにしまって分からなくなっていたやつですw
ようやく見つけて何も考えずにWin10へインストール、、、
Win10が起動しない不具合へ、、、

対応していませんでした。

Win8に対応までだそうです。
手持ちのWin7にインストール、ノートpcにはDVDが搭載されてますが、TVの録画内容は無圧縮なのでBD機器が必要です。

今回は、個人的に安心なパイオニアBDを購入しました。
BDR-XD05BKXL2 付属のソフトありを購入。

早速、ノートパソコンに繋げてDIXIMソフトを起動
ファイアーウォールでDIXIMソフトを認識させて書き込み開始問題なく書き込み中ー

今年いっぱいまでですが、TVに残っている録画を焼いちゃいましょう。

WindowsUpdateができない やっぱりいつも苦戦する編

タイトル通りのアップデートがなかなか進まないのでいつもやきもきしてます。
途中でシャットダウンしてまた今度ってなります。

最近はWindows7,Win7のアップデートがうまくいきません。
この7はVMで動かしております。
いつも稼働ではないところがいけないんですが、、、

色々なアップデートの方法がウェブサイトやブログにあるのでここではそこまで突っ込まずに先駆者たちに任せますね(苦笑

20年近くパソコンを触ってきてはいるといっても、プログラム周りを詳しく勉強してきたわけではないので(苦笑

では今回は何だって話なんですが、、、

家にはとあるルーターをかましております。
それは特定の国や危険とされているサイトにアクセスできないようにするネット機器を使っております。

まぁ設定次第なので完全ではないし、気休めなのかもしれませんが(苦笑

ないよりはマシかなとw

話は戻しまして、ウインドウズアップデート周りも、昔と同じサーバーやIPやアドレスが設定されているとは限らず、何かしら変更されているように見受けられます。経験で感じたり、こちらの勘違いだったりするとは思いますがw(詳しく調べておりませんのでご注意くださいね)

勝手な思い込みでマイクロソフトだしウインドウズだしアップデートのデータや接続は米国でしょって先入観でしたが、去年ちょっと調べた時には南米にあったり(IPだけや経由ってことも考えられますね、その方が安かったり、法律も絡んだりするのかもしれませんね)だったのでルーターへ特定のアドレスやIPを設定した記憶があります。

そんなこんなで今回も、なかなかアップデートしないので、接続先を調べて、ルーターに接続許可をしたら、、、

なんていうことでしょうw

すんなり進みましたよ、、、

とは言いつつ、その前にCドライブのディスククリーンやアップデートサービスの停止や開始など行ってからではありますがw

今回のまとめ
先駆者のウェブサイトを検証するw
国別やIP先でのルーター設定で問題なくても、アドレスやIPを個別に設定する

今回設定項目に加えたアドレス
microsoft.com
windowsupdate.com

設定に気を配りましょうってお話でした。
今回はこの辺で失礼しますね。

でわでわ

GPD Pocket クラウドファンディングしちゃいました。GPDWinの気になるところも。

■ GPD Pocket

以前の記事にGPDWinなことを書き込みましたが、とても良い小型PCなので次のバージョンを狙ってましたがGPDWin2の発売は今の所ないようなので
新しい小型PCのGPDPocketを出資しました。

あくまでもお買い物でなく出資なのでGPDがドロンしてしまえばどうしようもないですが、GPDWINを開発・発売できたことでPocketへの期待として出資です。

GPD社には急がなくて良いのでしっかりとしたPCを出してもらいたいですね。

それまでの間はGPDWinで遊んでましょう。

また2017年2月17日のメールでRAMとCPUのアップデートをするようなメッセージがありました。
出資サイトに行ってみるとアップデート記事として、4GBから8GBへ、CPUが Z8700 to Z8750 へ アップになる予定だとか、どんどん良くなってますね。これは楽しみです。

それから2017年2月18日メールには、HDMIの出力形状についての問い合わせがあったのでしょうか?サンプルに出している写真類がminiなのですがしきりにMicroですよと言うお知らせのようです。

※詳細は各メーカーサイト・大元サイトの情報が正解です。当方の間違い・勘違いがありました際にはご容赦願います。ただの独り言・日記・メモですので、よろしくどうぞ!

■ GPDWinで気になったこと

やはり裏の筐体がファンを全開にしても熱がありますね。自分は裏面に排熱も兼ねてチップに貼るシートを貼ってます。

もしかしたらその効果もあって、熱く感じてるかもしれません。

とにかく排熱がうまくいっていれば問題ないと思います。

裏面にファンのスイッチがあります。
ファンなし、静音ファン、最大回転ファンの3つがあります。

ゲームをするときはいつも最大に入れて遊んでますよ。