Windows 自動ログオン タスクスケジューラ

ユーザーログインでパスワードを設定しているとタスクスケジューラで再起動をかけたときにログインしないのでなんとか自動でログインできないか調べたらありました。自分用のメモとして記録です。

ちなみにWindows10でも有効でした。

タスクスケジューラ 自動ログイン方法

ドメイン環境でない
ワンユーザーでの利用

現在のユーザーにパスワードを付けた状態
1.[スタート]から、[ファイルを指定して実行]をクリックし、control userpasswords2 と入力します。
2.[ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェック ボックスをオフにします。
3.[適用] をクリックします。
4.自動ログオン時に利用するユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
5.再度 [OK] をクリックします。

[参考]
Windows XP でログオン画面を表示させずにコンピュータに自動的にログオンするには http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882925

ARecX6 6チャンネル分のテレビ番組(ワンセグ)を24時間録画する

ただいまワンセグ録画で24時間録画中です。
去年までは結構止まっていることがあるのですが、今年に入ってからは止まること無く連続で録画が進行中なんです。

理由はわかりません (´・ω・`)
なんとか稼働しているので良いでしょう。

今まではiPhoneのアプリで録画を視聴しておりましたが、、、
Appが32bitの模様でiOS11からは動作しなくなりました。

持っているiPhoneとiPadは両方ともiOS11なので諦めて、AndroidのスマホにAppをインストールして見ております。
AndroidのAppはまだ問題なく利用できるのでしばらくはこのままで行きましょう。

macOS Sierra 10.12.6 インストールで再起動繰り返しの巻き〜

やっちまいました!!! (´・ω・`)

Time Machineでバックアップせずにまたまたセキュリティパッチ(アップデート)をしたら!!!

再起動後に、数分後に「予期せぬエラー」でまた再起動が起きて、、、
また再起動、、、

検索してみると、何かしらのドライブやセキュリティソフトのキヤノンソフト ESET が?
とかいろいろ書いてあるのですが、対策は ESET Cyber Security Pro のアンインストールのみ

症状が起きても、その後の話を書いてあるブログ等がない 始末、、、

まぁしょうがないとESET Cyber Security Proをアンインストールして、しばらく使いましょうかと思ってましたが!!!

ここは人柱だ! と アンインストール 後に また 普通に再インストールをしてみました。

インストール後、いったんMacを終了します。

起動を行いまして、数分待ちます。(カップラーメンかw)

何も起きません!!!

どうやら、ESET Cyber Security Proとセキュリティアップデート 2018−001 10.12.6 の何かしらのファイルかチェック等が原因だったみたいです。
詳しくは調べてません、もしかしたら全く別の案件かもしれません。

まぁ、動いているようなので今回はこれで良しとしましょう。

まとめ
1,macOS Sierra セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6をアップするまえに
セキュリティソフト ESET Cyber Security Proをアンインストールする
セキュリティアップデート後にESETを再インストールする

2,セキュリティアップデートを行ってしまい、再起動を繰り返し場合
一端、終了する。本体スイッチを押してShiftキーも押す、セーフモードで起動する
ESET Mac アンインストール などで検索すると、オフラインでインストールできるESET Cyber Security Proファイルがダウンロードできる
DLしたファイルを展開してアンインストールiconクリックでソフトをアンインストールする
再起動して、先ほどDLしたESET Cyber Security Proファイルを展開して再インストールする

ちなみに当方の環境は、、、
Mac mini 2012 バージョンです。
ESET Cyber Security Proのバージョンは6.4 6.5とも発生しました。
再インストールは6.5のみ検証です。

ご参考になりましたら幸いです。

WindowsUpdateができない やっぱりいつも苦戦する編

タイトル通りのアップデートがなかなか進まないのでいつもやきもきしてます。
途中でシャットダウンしてまた今度ってなります。

最近はWindows7,Win7のアップデートがうまくいきません。
この7はVMで動かしております。
いつも稼働ではないところがいけないんですが、、、

色々なアップデートの方法がウェブサイトやブログにあるのでここではそこまで突っ込まずに先駆者たちに任せますね(苦笑

20年近くパソコンを触ってきてはいるといっても、プログラム周りを詳しく勉強してきたわけではないので(苦笑

では今回は何だって話なんですが、、、

家にはとあるルーターをかましております。
それは特定の国や危険とされているサイトにアクセスできないようにするネット機器を使っております。

まぁ設定次第なので完全ではないし、気休めなのかもしれませんが(苦笑

ないよりはマシかなとw

話は戻しまして、ウインドウズアップデート周りも、昔と同じサーバーやIPやアドレスが設定されているとは限らず、何かしら変更されているように見受けられます。経験で感じたり、こちらの勘違いだったりするとは思いますがw(詳しく調べておりませんのでご注意くださいね)

勝手な思い込みでマイクロソフトだしウインドウズだしアップデートのデータや接続は米国でしょって先入観でしたが、去年ちょっと調べた時には南米にあったり(IPだけや経由ってことも考えられますね、その方が安かったり、法律も絡んだりするのかもしれませんね)だったのでルーターへ特定のアドレスやIPを設定した記憶があります。

そんなこんなで今回も、なかなかアップデートしないので、接続先を調べて、ルーターに接続許可をしたら、、、

なんていうことでしょうw

すんなり進みましたよ、、、

とは言いつつ、その前にCドライブのディスククリーンやアップデートサービスの停止や開始など行ってからではありますがw

今回のまとめ
先駆者のウェブサイトを検証するw
国別やIP先でのルーター設定で問題なくても、アドレスやIPを個別に設定する

今回設定項目に加えたアドレス
microsoft.com
windowsupdate.com

設定に気を配りましょうってお話でした。
今回はこの辺で失礼しますね。

でわでわ

GPD Pocket クラウドファンディングしちゃいました。GPDWinの気になるところも。

■ GPD Pocket

以前の記事にGPDWinなことを書き込みましたが、とても良い小型PCなので次のバージョンを狙ってましたがGPDWin2の発売は今の所ないようなので
新しい小型PCのGPDPocketを出資しました。

あくまでもお買い物でなく出資なのでGPDがドロンしてしまえばどうしようもないですが、GPDWINを開発・発売できたことでPocketへの期待として出資です。

GPD社には急がなくて良いのでしっかりとしたPCを出してもらいたいですね。

それまでの間はGPDWinで遊んでましょう。

また2017年2月17日のメールでRAMとCPUのアップデートをするようなメッセージがありました。
出資サイトに行ってみるとアップデート記事として、4GBから8GBへ、CPUが Z8700 to Z8750 へ アップになる予定だとか、どんどん良くなってますね。これは楽しみです。

それから2017年2月18日メールには、HDMIの出力形状についての問い合わせがあったのでしょうか?サンプルに出している写真類がminiなのですがしきりにMicroですよと言うお知らせのようです。

※詳細は各メーカーサイト・大元サイトの情報が正解です。当方の間違い・勘違いがありました際にはご容赦願います。ただの独り言・日記・メモですので、よろしくどうぞ!

■ GPDWinで気になったこと

やはり裏の筐体がファンを全開にしても熱がありますね。自分は裏面に排熱も兼ねてチップに貼るシートを貼ってます。

もしかしたらその効果もあって、熱く感じてるかもしれません。

とにかく排熱がうまくいっていれば問題ないと思います。

裏面にファンのスイッチがあります。
ファンなし、静音ファン、最大回転ファンの3つがあります。

ゲームをするときはいつも最大に入れて遊んでますよ。

久しぶりの気になる記事

日立マクセル、水と塩で発電するLEDランタン「ミズシオン」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1038431.html

1個は欲しいよね
頃合いをみて買いましょう。

震災から5年、いざというときに用意しておきたい防災グッズ5選
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_special/kaden__trend/747639.html

これも全てではないですが、気になったものを調達しときましょう。

以上、自分へのメモでしたw

SHARP PC-MP70G DVD-ROM USB接続を解除したら再起動しても…

1年?2年?前に入手しといたトランスメタのCPUがノッテいるノートパソコンです。

トランスメタで最終で最強なPCはこれだと思いますが(メビウスのPC-MP70G)

これに同じ型のDVD-ROMを入手して接続したんですが認識しません。

検索すると出てきたのがある特定のピンを塞ぐ(絶縁させるとか)など出てきました。

見よう見まねでAmazonより絶縁アルミテープの細いやつを購入

指定してあるピンの上から2本分隠れるように貼ってみる

その後、筐体へ戻して起動してみると、、、

きちんと認識しておりました。

すごいですね〜 解析する人たちは、感謝です。 m(_ _)m

でもってここからタイトルの問題点へ

このDVDなんですが、タスクバーにあるUSB機器の「ハードウェアの安全な取り外し」で解除することができるのです。

解除できなくてもいいのにw

それとも、モバイルノートPCとしての位置付けで解除すると少しはバッテリーが持つなんてことからかしら… わかりませんが(汗

思わず解除してしまったんですよ

USBメモリを挿していて、ついでに解除ってっっっw

それからというものの、再起動しても元に戻らなくて、BIOSをいじってもダメで再インストールしても復活しないんですよね…

デバイスマネージャで非表示のデバイスを見ると、SCSIの箇所に!マークが出てますよ

これが原因かと思いながらも、検索しても出てこなくて…

今更ながらXP 認識しなくなったDVDを検索ご丁寧にサイトを見ていると、BIOSを初期化なんてQ&Aがちらほら

ダメ元でBIOSを初期化してセーブして起動したら…

なんということでしょう〜♪

認識しましたよ! どうやら COMOSクリアも兼ねてるようで復活しました。

途中で色々とBIOSをいじったのが原因ですた。

最近のBIOSは細かいのでわかりやすいですがXPな時代のBIOSは簡易な分、わかりずらい表記もあってなんともかんとも

にわか知識で触るもんじゃーないようです(苦笑

ということで、この先、DVD-ROM系が認識しなくなったら、BIOSも見ましょう〜というお話でした。

と 書いてみたものの

昨今の機種は薄型でROM系無しの筐体ばかりなので、そんな心配いらないですねw チクショーw

 

↓ 2016年12月22日時点のお話なので、将来は変わってると思います。

豆知識 1
・買収後にシャープのサイトが日本からお隣へ鯖が引っ越したのでしょうかね、うちはネット回線不要なところへ接続しないようにしてあるのですが、拒否しているお国につながって接続できませんでした。これもチクショーですよw

豆知識 2
・野球の読売ジャイアンツのサイトもなぜかお隣の国でウチからは接続できませんでした。 チクショーw .JP のサイトなのになぜ…

SONY サイバーショット Cyber-shot DSC-F828 で Flash Air

中古でソニーのF828デジカメのお話

状態は年式にすると美品クラスに入るものをゲット
前々から気になっておりましたのでタイミングで購入しました。
さすがに液晶画面は小さく見づらいですがww

ファインダーで覗いても… ww

それでも当時は 16万 ですか… すごいですね〜

この機種の目玉 CCD で 4色 カラー

あとは

ナイトショット でしょうか?

まだまだ試せておりませんが… 時間作りましょう。

それよりも 撮影した画像を どうするか いちいちメディアを取り出して
PCにセットするか機器とPCをUSBでつなげてストレージ扱いで接続するか…

どっちにしても手間です (当時はあたりまえ)

そこで アイファイ や フラッシュエアー でなんとかならないか

ということで 今回はフラッシュエアー でトライしてみました。

このF828はメディアがCFかMSなので

CF変換SDを購入 (型番等はのちほど)

CFにFLASHAIRを入れて

認識OK

ここでスマホにて アプリをDL それから セッティング

SDカードのWifi を選んで

パスワード入力

★ アプリ内で認識OK !! (いけるのか!と期待)

F828 で 撮る

スマホのアプリが無反応…   (だめか?…と ちと消沈)

アプリを操作してSDカードの情報みたり
画面を変えたりしていたら…

.
.
.
.
.

なんと!!! 画像が認識されて スマホ内に 撮った画像が 表示!!!

やったーーーーーー

ということで どうやら メディアを抜いたり USBケーブルで 接続など

せずに 画像の転送ができるそうです!!!!

まずは軽く掲載です。

あくまでもこちらの環境で出来た話ですのでご了承くださいね。

macOS Sierra 10.12 Adobe CS6

macmini に maxOS Sierra をインストールしました。

ことの発端は Sierra の前 OS X El Capitan を問題なく起動させてました

(何故ならばAdobeのCS6を使う予定で、10.11 がJava対応最終とのことで選んでました)

しばらくして、仮想OS の Parallels で OS X Lion が開かなくなり
そこに10.11.6へのアップデート催促がきてw
何も考えずアップデートしたら…

OS のセキュリティーアップ 全てはそこから始まりました

アップ後に再起動して
いつもならばディスプレイ全体に表示される起動画面が一瞬だけ小さく表示
その後すぐに全画面へ変わるのですが…
ん???と思いながらも

ユーザーアカウントでログインするとまたアップデート中〜と表示
また表示

アップデートが終わり再起動

ログインで

いつまでも ぐるぐる 状態…

そこで検索ちゃんの回答で PRAM などリセットしても セーフモードで入っても
改善されずに しかも 英語表記に変わってしまい

そうだ ユーティリティ画面から再インストールだと思い

(当方の環境では コマンドRの再起動と再インストールOS は個人データ が残ります)

再インストールを行うとアップデートした 10.11.6 が再インストールされ

これまたログインから入れない状態でした…

そこで、調子こいてタイムマシーンで復活!
と行ったは良いのですが…

最新のTime Machineへのバックアップが行なっていないことに気づきます…
そこに仮想OSのLionなども含まれており(バックアップがない状態)

復活させたのはいいですが
重要なデータが消えたお話でした…

皆さんも常にバックアップは行いましょう (悲

そんなこんなで 最新OS macOS Sierra をこの際に導入となりました
何も考えずに更新されないけど今までならばJavaをインストールしてから CS6という認識なので
インストールしたら後から検索ちゃんでなんとJavaを入れなくても仮想フォルダがあれば
認識するよって話を見つけたのでした

余談ですが Time Machineの際に前もってCS6のライセンス契約 解除をネット経由で忘れておりました

ヒヤヒヤしながらCS6をインストールしましたがCS6からAdobeのデスクトップ creativecloudアプリで
AdobeID経由で起動など見ているらしく問題なくインストールと起動ができました
(もしかしたら同じ機器なのでそのまま認証したのかもしれませんね)

インストール後のCS6はショートカットが文字化けしてしかもキーが効かない状態ですが
アップデートをすれば文字化けも治りキーも反応するようになりました。

Photoshopが文字化けしてIllustratorは文字化けなし(その他は試していない)

10.11 の時はpremiumのアップデートがいつも失敗して手動アップデートでしたが

10.11 はpremiumのアップデートも問題なく終了しました、それぞれクセがありますね
機種ごとやメモリ/HDD/SSDの構成による癖もあるかもしれませんね

macOS Sierra は問題なく10.12.1 にアップデート完了してます

macossierra-2016-10-27

まとめ
バックアップは必ず、定期的にすること
ライセンス問題の解除等の確認をすること
インストール前に検索ちゃんすること

modern.IE windows10 日本語化 ソフト アプリ 文字化け

以前に開発用のmodern.IEを日本語化にする方法を簡易ではありますがご紹介しました。

新しく(中古ですが^^;)調達したノートPC、ラップトップPCで
HPのワークステーションを入手しました。

さほど考えずに〜…
フォトショップやイラストレーターなど使うので
NvidiaのQuadroが入っているのでいままで所有のMacやWinPCを処分して購入

久しぶりにフリーソフトの起動・動作確認用に仮想を使うことに

modern.IEをdownload
私はVirtualBoxを選択
ダウンロードしたファイルをインポートして
さぁ起動!



青画面でF8押してどうのうこうの…
起動しません(汗

ここでぐるぐる先生から検索して

VirtualBoxの設定を変えてもだめ…

ほかのサイトでBIOS? Virtual?

あ!!!!!!!

CPUで仮想対応でないとあかんか!!!!

買ったHPのワークステーションは!!!!

BIOS開いてVirtualなんたらがありました…

よかったよかった

ここで追加、modern.IEのOSは64BitのようでCPU仮想がないとVirtualBoxで64Bitが選択できないようです。

BiosでIntel® Virtualization Technology を確認したらOFF状態でしたのでONにして再起動
VirtualBoxの設定で32ビットと64ビットが新たに追加されて選べるようになってました。

画像を用意と思いましたがテキストのみの方が軽いので文字で紹介です。

以前紹介した日本語化でOSとWEB上を日本語で取り扱うことができました。

ここで試したいフリーソフトを解凍して起動すると…

タブとかタブとか付属のReadmeテキストが ???¥¥¥ga;osiehfasgo
ようするに文字化けしてました (´・ω・`)

ここでぐるぐる先生に伺うと

表示が日本語でシステムでは英語のまま なんていう記事を読みました。
紹介しているのはWindows7だったのですが

Windows10でもいけるだろうと

設定等確認してなんとかソフトの文字化けを回避することができました

一件落着ですよ (`・ω・´)

設定方法

Windows10はすでにanniversaryでした2016年10月21日時点

VirtualBoxへのインストール後、日本語表示化を行っておきます。

Win窓(左下アイコン)
歯車アイコン
時刻と言語
関連設定
日付、時刻、地域の追加設定
地域の変更
形式 (私の環境では「Windowsの表示言語と〜」が設定されてました)
 日本語(日本)
場所
 日本

形式と場所を日本に設定してログアウト・インの後に
フリーソフトを起動させてら文字化けが直っておりました。(`・ω・´)v