なんと最新MacOSでアドビCS3が動きました。(ただし保証はない。

macOS High Sierra – Apple にAdobe CS3 をinstallしました。

後ほど画像を載せながら再構築しますが、簡単にメモとして記載です、忘れたり再インストールする際に見ましょう!(と自分に言い聞かせてます😄)

 

★CS3のインストール、起動するとJavaがないとダイアログエラー表示

そこで先駆者たちのサイトでJavaの空フォルダ作成

起動後にシリアルナンバー入力画面

入力後にユーザー登録ダイアログ表示(サーバーに繋がらないと表示が出る)

「登録しない」をクリックで画面とじる

インストールしたフォトショップやイラストレーターを起動する

無事起動できました!

★起動直後にこのAppは最適化されておりませんというダイアログ表示

確認したら32ビットアプリなので表示が出ます。
macOS High Sierra (macOS Sierraからも?)64ビット化されないとウンヌンカンヌン言われていたようですがサイトをみるとまだ32ビットも動かせるようですね。 iPhoneのiOS11からは完全に64ビットApp出ないと使えないですし、PCは徐々にって言うことでしょうか。

ここのところ1年に1回アップデートしていたOSも今回は見送っているので、時期OSからは完全に64ビット化しそうですね。

回避方法は動作保証していたOSバージョンのマシンを用意してオフラインで作業用にってなりそうですね。

The error ID: PRL_ERR_DISK_READ_FAILED (80021029), errno=35

一瞬ビビりました。

Parallels Desktop for Mac Home Edition のバージョン13を使ってますが、初めてみるエラーでWinsows10が途中で止まるのです。

再試行してもダメ

ストップすると仮想Winが終了する、、、

参りましたー

そこで グーグル先生に 教えてくん

出てくるサイトは英語サイト😩

やはり学生時代にしっかりと英語の勉強するべきでした。😢

日本語のサイトも1ページあり、読んでいくとエラーの回避方法が!😏

助かります!で持って速攻設定画面を開いてタブ開いて、、、

ありません 設定する項目が見当たらない!

ここから 数時間 悩んでました。

どこだー どこだろ〜 と、、、

やっと項目が見つかりました!

これじゃー わからないよ〜 パラレルズさん💦

エラー回避の入力が済んで起動します。

やっと起動してWindows10が立ち上がりました、、、

エラーは怖いですね😓

 

ちなみにエラー回避方法はパラレルズサイトに載ってました。

https://kb.parallels.com/jp/120940

 

(´・ω・`) やっと解決 Parallels Desktop と OSX Server 10.5 ネットワーク接続方法(遅

Parallels Desktop for Mac にインストール可能なOSXサーバー10.5を入れたのは良いのですが、ネットワーク接続ができずに早、2年、、、 それはそれは 放置しておりました、、、

ここ最近また起動してみたりしていましたが、解決できず また ネット検索しても 掲載がなく、、、
当方にくれてました (´・ω・`)

起動していた意味はオークションなどで入手したMacintosh系のCDなどを見るためでした。
フォーマットが昔のMacintoshでないと読み込みができないなどあったからですよ。

本日、ふと 頭の回転が良かったのかw
ParallelsのQ&Aを眺めていたときに、構成する項目内にあるハードウェアタブ、ネットワーク関連を見ていたら
ネットワーク接続の種類が存在していたのを失念しておりました。

そこで、ネットワーク接続できているosx server 10.6と比べると違う種類が選択されているではありませんか !!!

 

これだと思いそうそう、同じ種類で設定 すぐに 起動 !!!

どうだ!!!

すぐさまSafariを起動すると、、、、 !!!!!

ネットワークに接続されておりません ネットワーク診断・・・

接続できません (´・ω・`)

もうだめだ 諦めようかと思いましたが もう一度 ネットワーク接続の種類を確認して

別の種類にしたら!!!

Safariを起動してみると!!!

アップルのホームページにつながり、iPhoneXの画像が!!!

やりました、ばかでした、あほでした、やっとつながりました!!! (`・ω・´)☆

パソコン触ってはや20年なのにまだまだですな! ひよっこです!
ずーーーと初心者マーク付けときます。 (`・ω・´)キリッ 🔰

情けなさでしばらくフリーズしてますね ⏳⏳⏳

 

これでめでたしめでたしと思いきや!!!!

ネットワーク接続後にOSのセキュリティアップデートを行い、インストール中が表示されやっとここまで来ましたとホッとしているところ、、、

再起動で、、、

またまた ネットワークが接続されない状態が起きました (´・ω・`)

ネットワーク構成を今一度確認して、青反転の状態で初期は接続できたのにセキュリティアップデート後には接続不可に!!!

今一度トライということで、

OSX Server 10.6と同じ構成に設定してみると、、、

ネットワークに接続することができました。

これで今度こそは大丈夫でしょう。

ちなみにこの後もあと2回ほどセキュリティアップデートを行いまして、

無事に最終までの状態へ更新できました。

これで一安心ですね。

 

新規 2018年5月22日午後

追記 2018年5月22日午後2

macOS Sierra 10.12.6 インストールで再起動繰り返しの巻き〜

やっちまいました!!! (´・ω・`)

Time Machineでバックアップせずにまたまたセキュリティパッチ(アップデート)をしたら!!!

再起動後に、数分後に「予期せぬエラー」でまた再起動が起きて、、、
また再起動、、、

検索してみると、何かしらのドライブやセキュリティソフトのキヤノンソフト ESET が?
とかいろいろ書いてあるのですが、対策は ESET Cyber Security Pro のアンインストールのみ

症状が起きても、その後の話を書いてあるブログ等がない 始末、、、

まぁしょうがないとESET Cyber Security Proをアンインストールして、しばらく使いましょうかと思ってましたが!!!

ここは人柱だ! と アンインストール 後に また 普通に再インストールをしてみました。

インストール後、いったんMacを終了します。

起動を行いまして、数分待ちます。(カップラーメンかw)

何も起きません!!!

どうやら、ESET Cyber Security Proとセキュリティアップデート 2018−001 10.12.6 の何かしらのファイルかチェック等が原因だったみたいです。
詳しくは調べてません、もしかしたら全く別の案件かもしれません。

まぁ、動いているようなので今回はこれで良しとしましょう。

まとめ
1,macOS Sierra セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6をアップするまえに
セキュリティソフト ESET Cyber Security Proをアンインストールする
セキュリティアップデート後にESETを再インストールする

2,セキュリティアップデートを行ってしまい、再起動を繰り返し場合
一端、終了する。本体スイッチを押してShiftキーも押す、セーフモードで起動する
ESET Mac アンインストール などで検索すると、オフラインでインストールできるESET Cyber Security Proファイルがダウンロードできる
DLしたファイルを展開してアンインストールiconクリックでソフトをアンインストールする
再起動して、先ほどDLしたESET Cyber Security Proファイルを展開して再インストールする

ちなみに当方の環境は、、、
Mac mini 2012 バージョンです。
ESET Cyber Security Proのバージョンは6.4 6.5とも発生しました。
再インストールは6.5のみ検証です。

ご参考になりましたら幸いです。

iPad Pro + ApplePencil

アイパド アポペン ♪

てなわけで遅くなりましたが、中古で入手しました。
サクサク動いて画面も綺麗で最高ですね。

バッテリーの減りが早い気がするのは、気のせいでしょうか??

しばらく使いたいと思います。

今まで使っていた新品購入の初代iPadとこれまた中古で入手していたiPad2を処分してからの入手です。
軽くペンの入力を試しましたがこれまた滑らかさがいいですね。

ちょっと気になる部分もありますが、そこはアップルの入力判定な部分なので慣れでしょう。

macOS Sierra 10.12 Adobe CS6

macmini に maxOS Sierra をインストールしました。

ことの発端は Sierra の前 OS X El Capitan を問題なく起動させてました

(何故ならばAdobeのCS6を使う予定で、10.11 がJava対応最終とのことで選んでました)

しばらくして、仮想OS の Parallels で OS X Lion が開かなくなり
そこに10.11.6へのアップデート催促がきてw
何も考えずアップデートしたら…

OS のセキュリティーアップ 全てはそこから始まりました

アップ後に再起動して
いつもならばディスプレイ全体に表示される起動画面が一瞬だけ小さく表示
その後すぐに全画面へ変わるのですが…
ん???と思いながらも

ユーザーアカウントでログインするとまたアップデート中〜と表示
また表示

アップデートが終わり再起動

ログインで

いつまでも ぐるぐる 状態…

そこで検索ちゃんの回答で PRAM などリセットしても セーフモードで入っても
改善されずに しかも 英語表記に変わってしまい

そうだ ユーティリティ画面から再インストールだと思い

(当方の環境では コマンドRの再起動と再インストールOS は個人データ が残ります)

再インストールを行うとアップデートした 10.11.6 が再インストールされ

これまたログインから入れない状態でした…

そこで、調子こいてタイムマシーンで復活!
と行ったは良いのですが…

最新のTime Machineへのバックアップが行なっていないことに気づきます…
そこに仮想OSのLionなども含まれており(バックアップがない状態)

復活させたのはいいですが
重要なデータが消えたお話でした…

皆さんも常にバックアップは行いましょう (悲

そんなこんなで 最新OS macOS Sierra をこの際に導入となりました
何も考えずに更新されないけど今までならばJavaをインストールしてから CS6という認識なので
インストールしたら後から検索ちゃんでなんとJavaを入れなくても仮想フォルダがあれば
認識するよって話を見つけたのでした

余談ですが Time Machineの際に前もってCS6のライセンス契約 解除をネット経由で忘れておりました

ヒヤヒヤしながらCS6をインストールしましたがCS6からAdobeのデスクトップ creativecloudアプリで
AdobeID経由で起動など見ているらしく問題なくインストールと起動ができました
(もしかしたら同じ機器なのでそのまま認証したのかもしれませんね)

インストール後のCS6はショートカットが文字化けしてしかもキーが効かない状態ですが
アップデートをすれば文字化けも治りキーも反応するようになりました。

Photoshopが文字化けしてIllustratorは文字化けなし(その他は試していない)

10.11 の時はpremiumのアップデートがいつも失敗して手動アップデートでしたが

10.11 はpremiumのアップデートも問題なく終了しました、それぞれクセがありますね
機種ごとやメモリ/HDD/SSDの構成による癖もあるかもしれませんね

macOS Sierra は問題なく10.12.1 にアップデート完了してます

macossierra-2016-10-27

まとめ
バックアップは必ず、定期的にすること
ライセンス問題の解除等の確認をすること
インストール前に検索ちゃんすること

Mac OSX 再起動もシステム終了も出来ないときは

Launchpad −> その他 −> ターミナル

*システム終了 sudo shutdown + パスワード

*再起動 sudo reboot + パスワード

*解決しないときは sudo halt + パスワード

これを行ったときはHaltでやっとマシンが動きました。

 

なぜ通常な選択で動かなかったのか原因がわかりません(´・_・`)

キヤノン プリンター 付属ソフト レーベルプリント

CanonのプリンターでMG6xxx シリーズを使ってます。

付属ソフトにレーベル印刷が(CD、DVD、BDの白プリント版に印刷)あります。

Easy-PhotoPrint EX です。

Windowsでは問題なく印刷できるのにOS X v10.11(El Capitan)で印刷できないというダイアログが表示されてました。

テキストの文章やウェブサイトのページでは問題なく印刷できるのに…

そこでQ&Aを読むと一度アンインストールして再インストールを勧めておりました。マックの環境設定を開きプリンター項目から下の[ – ]選択して一旦削除します。

改めてDLしてきたドライバーでインストールする

環境設定を開きプリンター項目で何もない状態… (´・ω・`)

インストールしたのにと思いながら

+ ボタンを押してプリンターを追加しようとした時に!!!

何とプリンター bonjour と Canon IJ Network と二つ表示されてました。

!!!!! (`・ω・´)

そこでアハ体験w どっかで聞いた言葉ですね。

今まではマック側のドライバーでの認識なので付属ソフトならばキヤノン経由だなと思い立ち追加してから

Easy-PhotoPrint EX

を立ち上げてみると今まで印刷できませーんと出ていたダイアログがなくなっておりました。

Parallels Desktop の怖い話

現在新しいParallelDesktop11を使ってWindowsOSを動かしておりますが、以前インストールした古いバージョンのファイル(ParallelDesktop4とかの時代にインストールしたWinOSなど)を最新のに移行した際の出来事です。

ParallelDesktop本体を起動して開くコマンドから昔のファイルを選びます

自動で変換がされます

まずWindows2000はブルースクリーンの連発で変換されない

手動へ切替でも同じ… (´・_・`)

じゃぁWindowsNT4をトライ

古いデータは各OS名のフォルダにいくつかのファイルが存在している

最新の11はひとまとめになったファイルが一つあるだけ

そこで2000のブルースクリーン連発を経験して

フォルダから各ファイルを標準で作成されている「書類」「Parallel」フォルダ内に直接展開してから変換したらあっという間に完了してNTは起動できましたが、これまたいきなりブルースクリーンがでました…

そこで起動の際にVGAモードで起動させます。

そこではブルースクリーンでなく普通に起動されてからParallelToolsからグラフィックのドライバー更新でブルースクリーンが無くなり普通にVGAモードでないNTを起動することができました。

一からNTをやり直そうとParallelDesktopからNTを削除したら!!!!!!!!!

Parallelフォルダ直に展開していたためParallelフォルダごとゴミ箱へ…

その他のWindowsOSも一緒にゴミ箱へ…

そうとう焦りましたよ!!!!

落ち着きながらゴミ箱からParallelフォルダをいつもの「書類」フォルダへもどしたら復活…

こわい、こえー、まじ、あぶねー 危険っす! (`・ω・´)!

皆さん気をつけて下さいね…

古いバージョンのファイル(WinOSなど)を変換するときは当時作ったフォルダーごと移動させて、バックアップも一緒に作ってくれるので、ソフトの言うとおりに進行しましょう… この場合は…