【感激】やっとWindows7 32bit 版のWindowsUpdateができました。

ここのところ何度やっても失敗か、出来てもOS起動で何度も再起動に見舞われること数回、数ヶ月、、、

やっと問題解決して、あたらしいロールアップアップデートが更新できました。

私の環境ですが、「KB4093118」が邪魔をしていたようで、これをアンインストールしてから最新の「KB4284826」が更新できました。

なにかとアップデートに不具合が続いてますね。

現状は延長のサポートなので致し方ないかなと思います。

うまく付き合いながら更新しましょう。


今回の更新PC Panasonic CF-J10 CPU i3 m380 ファーストバージョンです。
セカンドバージョンはi5-25xx CPUが搭載されてますね。
今回までに更新できたアップデート番号

  • 2018-02 x86 ベースシステム用Windows7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB4284842)
  • 2018-06 プレビュー品質プログラムのロールアップの 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、および 4.7.1 の.NET Framework の Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 (KB 4291493)
  • Windows Defender Antivirus の定義の更新-KB915597(定義1.271.442.0)
  • 悪意あるソフトウェアの削除ツール-2018年6月(KB890830)
  • Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1 の更新プログラムのセキュリティおよび品質ロールアップ (KB 4099633)

※5月にアップデートは行っておりませんでした。

4月に更新

KB4093118 の更新が成功してましたが、6月分の更新に対して邪魔だったらしくアンインストール後にKB4284842の更新が可能でした。

  • 悪意あるソフトウェアの削除ツール-2018年4月(KB890830)
  • 2018-03 x86 ベースシステム用 Windows7更新プログラム(KB4099950)
  • Windows7用更新プログラム(KB2952664)
  • 2018-03 x86 ベースシステム用 Windows7更新プログラム(KB4091290)
  • Microsoft .NET Framework4.7.1 アップグレード言語パック(KB4033339)
  • 2018-02 x86 ベースシステム用Windows7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB4075211)

3月更新〜の記録です。

2月までの更新は割愛します。

 


更新 2018年7月6日
書込 2018年7月5日

【悲報】TvTestとEpgTimerでBSチャンネル録画失敗 あくまでもテストや研究の一環ですよ。

前に販売されていたPT2やPT3を使って残っているパーツで組んで録画機をセットしてあったのですが、いつの間にか録画されていないものがちらほら出てきました。

検索してみるといつの間にかBSチャンネルの移動があったみたいで、、、

いろいろ検索するも5月下旬では少ない情報のみ

手探りするも失敗w

ようやく6月に入ってから情報も増えてきて

やっとまともに録画できるようになりました。

数日を返してwww

 

VMware Workstation 14 Player Windows10 自動でシャットダウン

仮想OSとしてテスト環境を構築してます。

起動して使っているときは気にしていなかったのですが、しばらくほっとくとアプリごと終了していつのまにか画面から消えてしまうことが数回ありました。

それは困るという事で、検索ちゃん

個人的には、ワークステーションアプリの設定かなと勘ぐってましたが、、、

調べたら

ただ単に〜

Windows10のスリープ機能という事が確認できました。ちゃんちゃん🎶

設定方法

スタート → 設定 → システム

電源とスリープ → 画面とスリープ を

「 なし 」に設定しました。

個々の環境に合わせて数値を変更しましょう。

 

Windows10 1803 アップデート

Windowsのアップデートが始まりましたが、すぐにストップしてダイアログが表示。

問題解決しようとしても、以下の文言が。

システムで予約済みのパーテイションを更新できませんでした。

と、更新が止まります。

ググってみると、システムで使用のパーテイション容量がいっぱいか足らないかとありました。

今回更新した🖥はHDDからSSDへ更新したパソコンでした。

容量が少ないSSDへ移動したので回復部分はなし、しかも今回のWindowsアップデートまで気づかなかったシステムで予約済みの領域が50MB

これでは、アップデートファイルが動作してくれません。

検索先にあったツールで領域を増やしたら問題なくアップデートが進みました。

今回使用したツール

MiniTool Partition Wizard 無料版 10.2

個人での使用なので無料で行うことができました。

もちろんお金を出して製品版を買っても良いと思いますよ。

有料版は無料版より機能が増えていろいろ使えるソフトが多いですからね。

 

🆗簡易な使い方

exeファイルを起動

アプリケーション起動

システムで予約済み をクリックして反転

メニューからパーティション

容量変更 上から2番目

真ん中のスライドバーを移動させて容量変更

バーを左移動で数値が減ります。

バーの下、2行目にシステムで予約済みの新しいサイズが表示されるので見ながらセットします。

今までよく見る予約済みサイズは500MBと記憶があったので約500MBにセット

ただしスライドバーだと合わせにくいので大まかな数値で行くか、スライドバーの上でマウスのスクロールボタンでクルクル回すと数値が細かく調整できました。

(時間がかかるので近い数値で設定です

調整後はメニューの一般またはその下の適応をクリック

Cドライブが起動しているとダイアログが表示されます。そのまま再起動して行くと容量変更のプロンプト画面が表示され自動的に進みます。

PCアイコン(マイコンピュータアイコン

を右クリック → 管理(G → ディスクの管理で確認できます。

万が一を考えて、バックアップを行なってから操作することを推奨します。

😄 これで無事にWindows10アップデート1803へ適応されました。

 

1709 のメニューアイコン ↑

アップデート中〜

1803からデスクトップの切替アイコンが変更されましたね。

 

これで無事にWindowsアップデート終了です。

 

追加更新:2018/06/07

Windows 自動ログオン タスクスケジューラ

ユーザーログインでパスワードを設定しているとタスクスケジューラで再起動をかけたときにログインしないのでなんとか自動でログインできないか調べたらありました。自分用のメモとして記録です。

ちなみにWindows10でも有効でした。

タスクスケジューラ 自動ログイン方法

ドメイン環境でない
ワンユーザーでの利用

現在のユーザーにパスワードを付けた状態
1.[スタート]から、[ファイルを指定して実行]をクリックし、control userpasswords2 と入力します。
2.[ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェック ボックスをオフにします。
3.[適用] をクリックします。
4.自動ログオン時に利用するユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
5.再度 [OK] をクリックします。

[参考]
Windows XP でログオン画面を表示させずにコンピュータに自動的にログオンするには http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882925

懐かしの名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

久しぶりに保管庫からMD-1000を引っ張りだしました。

動くか確認です。

いきなり結論から、無事認識し、テストプリントができました。

後は読んでも読まなくてもOKですw

——–
MD1000なのでこれまた懐かしのWinXP機を引っ張りだしました。

SHARP(シャープ)のPC-MP70Gです。

懐かしの低電力トランスメタCPUです。
シングルコアなので遅いw
かろうじてXPなので動いてますが、、、

付属のCDはWin95なもので、ノートPCにCDを突っ込んでも認識しません、、、

以前ダウンロードしていた(ALPSのMicroDry、ドライバーは有償だったはずで購入したはずとNASにある貯めデータをさがします)
ドライバーをさがして見事ありました。

MD-1000 は昔ながらのプリンターケーブルが必要で、用意したXP機はUSBのみでプリンター接続部分がありません。

これまた以前、購入していた、プリンター変換USBケーブルを引っ張り出して、接続。

構成

MD-1000 プリンター

プリンター変換USBケーブル

ノートPC

ノートPCへXP用のドライバーをインストール

メニューバーからプリンターを選んで、アイコンからプロパティへ

プリンターの設定画面から

Portタブを選び、USBのバーチャルUSBプリンターを選ぶと認識してプリントができました。

ただし、ダイアログ下にある 双方向サポートは チェックを外しました。

以前、雄志のサイトにてMD系プリンターUSB接続時には双方向が使えないなどの記事を見たのを思い出し、設定してみました。

でも〜 造形やプラモなど 現在やらないので オークションにでも出そうかな〜

追記

利用したプリンター変換USBケーブル

ELECOMの「 UC-PGT 」という製品ですた。

WindowsUpdateができない やっぱりいつも苦戦する編

タイトル通りのアップデートがなかなか進まないのでいつもやきもきしてます。
途中でシャットダウンしてまた今度ってなります。

最近はWindows7,Win7のアップデートがうまくいきません。
この7はVMで動かしております。
いつも稼働ではないところがいけないんですが、、、

色々なアップデートの方法がウェブサイトやブログにあるのでここではそこまで突っ込まずに先駆者たちに任せますね(苦笑

20年近くパソコンを触ってきてはいるといっても、プログラム周りを詳しく勉強してきたわけではないので(苦笑

では今回は何だって話なんですが、、、

家にはとあるルーターをかましております。
それは特定の国や危険とされているサイトにアクセスできないようにするネット機器を使っております。

まぁ設定次第なので完全ではないし、気休めなのかもしれませんが(苦笑

ないよりはマシかなとw

話は戻しまして、ウインドウズアップデート周りも、昔と同じサーバーやIPやアドレスが設定されているとは限らず、何かしら変更されているように見受けられます。経験で感じたり、こちらの勘違いだったりするとは思いますがw(詳しく調べておりませんのでご注意くださいね)

勝手な思い込みでマイクロソフトだしウインドウズだしアップデートのデータや接続は米国でしょって先入観でしたが、去年ちょっと調べた時には南米にあったり(IPだけや経由ってことも考えられますね、その方が安かったり、法律も絡んだりするのかもしれませんね)だったのでルーターへ特定のアドレスやIPを設定した記憶があります。

そんなこんなで今回も、なかなかアップデートしないので、接続先を調べて、ルーターに接続許可をしたら、、、

なんていうことでしょうw

すんなり進みましたよ、、、

とは言いつつ、その前にCドライブのディスククリーンやアップデートサービスの停止や開始など行ってからではありますがw

今回のまとめ
先駆者のウェブサイトを検証するw
国別やIP先でのルーター設定で問題なくても、アドレスやIPを個別に設定する

今回設定項目に加えたアドレス
microsoft.com
windowsupdate.com

設定に気を配りましょうってお話でした。
今回はこの辺で失礼しますね。

でわでわ

GPD Pocket クラウドファンディングしちゃいました。GPDWinの気になるところも。

■ GPD Pocket

以前の記事にGPDWinなことを書き込みましたが、とても良い小型PCなので次のバージョンを狙ってましたがGPDWin2の発売は今の所ないようなので
新しい小型PCのGPDPocketを出資しました。

あくまでもお買い物でなく出資なのでGPDがドロンしてしまえばどうしようもないですが、GPDWINを開発・発売できたことでPocketへの期待として出資です。

GPD社には急がなくて良いのでしっかりとしたPCを出してもらいたいですね。

それまでの間はGPDWinで遊んでましょう。

また2017年2月17日のメールでRAMとCPUのアップデートをするようなメッセージがありました。
出資サイトに行ってみるとアップデート記事として、4GBから8GBへ、CPUが Z8700 to Z8750 へ アップになる予定だとか、どんどん良くなってますね。これは楽しみです。

それから2017年2月18日メールには、HDMIの出力形状についての問い合わせがあったのでしょうか?サンプルに出している写真類がminiなのですがしきりにMicroですよと言うお知らせのようです。

※詳細は各メーカーサイト・大元サイトの情報が正解です。当方の間違い・勘違いがありました際にはご容赦願います。ただの独り言・日記・メモですので、よろしくどうぞ!

■ GPDWinで気になったこと

やはり裏の筐体がファンを全開にしても熱がありますね。自分は裏面に排熱も兼ねてチップに貼るシートを貼ってます。

もしかしたらその効果もあって、熱く感じてるかもしれません。

とにかく排熱がうまくいっていれば問題ないと思います。

裏面にファンのスイッチがあります。
ファンなし、静音ファン、最大回転ファンの3つがあります。

ゲームをするときはいつも最大に入れて遊んでますよ。

え、今?w 風来のシレンWindows版 インターネット版ではないよ。

以前中古で入手していた 「風来のシレン 月影村の怪物」Windows版 をMACなParallel12に走っているWindowsXPへインストールしました。

なんなくインストールが完了、起動しましたら…
以前、検索でXPではあそべないと見たのですが、、、 なんと、、、

動きました!

音楽もなって、村人の台詞もあって、進んでいくと、、、

音が、、、 鳴りっぱなしになり、、、

途中で止まってしまいました。(悲

WEB情報通りに動かない、、、、、、、、

どうしましょう、、、 情報によると、、、 パッチが存在していて当てると動くらしい、らしいのですが、、、

ここで困ることはパッチがDLできないこと、昔のチュンソフトのWEBは今はなく
スパイク社と一緒になったチュンソフトはURLも代わり、昔のパッチもなくなっております。

「入手した風来のシレンはデジキューブ版なのでデジタルセキュリティ対策でCD-ROMが途中から必要とのこと」
しかも、CD-ROMなしで遊ぶにはlicenseを登録する、さらに!!!!
そのlicenseをチュンソフトへ送って、登録用を入手するそうです、、、
当時、登録ページがありましたが、現在はないもようなので出来ないと思ったほうがよいでしょう。

さてさてパッチは入手できない〜〜〜〜〜

.
.
.
.
.
.
.
.

いろいろ検索していたら、なんとまだ転がってました。
作業してくださった方、ありがとうーーーーー!

ということで無事 Ver1.01へ

完了 ダイアログが開いて 起動〜〜

OKでーーーす。

ちなみに、そのまま起動だと途中で停止しましたが(当方の環境で)互換モードを98にしてからは動いております。

今更な感じですが以前、入手してあった コンバーチブルタイプ Ultrabook LIFEBOOK TH90/P SSD交換

コンバーチブルタイプのUltrabook™ 「LIFEBOOK TH90/P

500GBのSSDへ交換した話。

昨今はペンの認識数値が4000や8000という数値の階調をもつ筐体が出始めておりますが、これは1024階調なのでもう古い世代になっておりますが、絵を描くわけでもなく、インターフェイスとしてなのでその辺は気にせずにいきます。

で持っていくつかのサイトを検索しましたが、このコンバーチブルタイプのUltrabook™ 「LIFEBOOK TH90/P」のハードディスクを交換して紹介しているサイトがないことないこと、主だったところが2つほどでした。

1つのサイトは裏側は垂直にあげると簡単に開くと説明
もう1つはツメがあるので開けるのにどうとか

今ひとつ詳しくありませんでした。

隙間から作業棒を入れて開けようとすると、どうも引っかかる感触が
このまま開けるとどっかバキッと折れるなと思いながらすこーしずつ開けてみますが開きません。

断念して元から入っているSSHDで我慢するかなと思いながら、液晶画面をノートPCのような状態で開いて見ると、コンバーチブルな箇所(背面と表現します)が少し浮いてきました。

その隙間に作業棒の平らな部分を入れてずらしてみると、バッチ!という音とともに隙間が開き、開くことができました。

狙った通りツメが背面に四箇所あります。
ちょっと勢いよく開けていきましたが最後の端っこでやってしまいました。
バキッと… 一箇所がとても硬くて 折れました。 (´・_・`)

トラックパッドの手前もツメがありますが手前に起こすように裏筐体を動かすと素直に開けることが可能でした。

画像の用意ができたらアップしようと思います。
ペンタブレットなので、手書きのイラストを掲載してもいいですね。

今はWin10のインストール中なので、アップデート等 一通り終わったら 液晶保護フィルムを貼って アプリ用意して 作業できるように準備です。

あとはペンなのですが、すでに使えるワコムペンは販売終了なので中古狙いでしょうか…
再販してほしいなー

メモリは8GBありますがシンングルなのでデュアルにして欲しかったですね。

Win10 クリーンインストール時のメモ〜
インストールが終わってアップデートも終わったのですが、よくある不明なデバイスが2つほど出てきました。
1、インテル・スマート・テクノロジー windows10には不要らしいです
しかもインテルにはWin8までのインストールファイルしかありませんがこれをインストールして「更新をOFF」にすると良いと富士通HPに書いてありました。
2、富士通のタブレットボタンユーティリティー
なんと、Win10用はありません… なので検索して、Win8.1用を探してからの 解凍 インストーラーはなく、不明ドライバからの更新で!マークが消えました。

これでスッキリ 綺麗な デバイスマネージャー欄にw