【悲報】TvTestとEpgTimerでBSチャンネル録画失敗 あくまでもテストや研究の一環ですよ。

前に販売されていたPT2やPT3を使って残っているパーツで組んで録画機をセットしてあったのですが、いつの間にか録画されていないものがちらほら出てきました。

検索してみるといつの間にかBSチャンネルの移動があったみたいで、、、

いろいろ検索するも5月下旬では少ない情報のみ

手探りするも失敗w

ようやく6月に入ってから情報も増えてきて

やっとまともに録画できるようになりました。

数日を返してwww

 

VMware Workstation 14 Player Windows10 自動でシャットダウン

仮想OSとしてテスト環境を構築してます。

起動して使っているときは気にしていなかったのですが、しばらくほっとくとアプリごと終了していつのまにか画面から消えてしまうことが数回ありました。

それは困るという事で、検索ちゃん

個人的には、ワークステーションアプリの設定かなと勘ぐってましたが、、、

調べたら

ただ単に〜

Windows10のスリープ機能という事が確認できました。ちゃんちゃん🎶

設定方法

スタート → 設定 → システム

電源とスリープ → 画面とスリープ を

「 なし 」に設定しました。

個々の環境に合わせて数値を変更しましょう。

 

Windows10 1803 アップデート

Windowsのアップデートが始まりましたが、すぐにストップしてダイアログが表示。

問題解決しようとしても、以下の文言が。

システムで予約済みのパーテイションを更新できませんでした。

と、更新が止まります。

ググってみると、システムで使用のパーテイション容量がいっぱいか足らないかとありました。

今回更新した🖥はHDDからSSDへ更新したパソコンでした。

容量が少ないSSDへ移動したので回復部分はなし、しかも今回のWindowsアップデートまで気づかなかったシステムで予約済みの領域が50MB

これでは、アップデートファイルが動作してくれません。

検索先にあったツールで領域を増やしたら問題なくアップデートが進みました。

今回使用したツール

MiniTool Partition Wizard 無料版 10.2

個人での使用なので無料で行うことができました。

もちろんお金を出して製品版を買っても良いと思いますよ。

有料版は無料版より機能が増えていろいろ使えるソフトが多いですからね。

 

🆗簡易な使い方

exeファイルを起動

アプリケーション起動

システムで予約済み をクリックして反転

メニューからパーティション

容量変更 上から2番目

真ん中のスライドバーを移動させて容量変更

バーを左移動で数値が減ります。

バーの下、2行目にシステムで予約済みの新しいサイズが表示されるので見ながらセットします。

今までよく見る予約済みサイズは500MBと記憶があったので約500MBにセット

ただしスライドバーだと合わせにくいので大まかな数値で行くか、スライドバーの上でマウスのスクロールボタンでクルクル回すと数値が細かく調整できました。

(時間がかかるので近い数値で設定です

調整後はメニューの一般またはその下の適応をクリック

Cドライブが起動しているとダイアログが表示されます。そのまま再起動して行くと容量変更のプロンプト画面が表示され自動的に進みます。

PCアイコン(マイコンピュータアイコン

を右クリック → 管理(G → ディスクの管理で確認できます。

万が一を考えて、バックアップを行なってから操作することを推奨します。

😄 これで無事にWindows10アップデート1803へ適応されました。

 

1709 のメニューアイコン ↑

アップデート中〜

1803からデスクトップの切替アイコンが変更されましたね。

 

これで無事にWindowsアップデート終了です。

 

追加更新:2018/06/07