macOS Sierra 10.12.6 インストールで再起動繰り返しの巻き〜

やっちまいました!!! (´・ω・`)

Time Machineでバックアップせずにまたまたセキュリティパッチ(アップデート)をしたら!!!

再起動後に、数分後に「予期せぬエラー」でまた再起動が起きて、、、
また再起動、、、

検索してみると、何かしらのドライブやセキュリティソフトのキヤノンソフト ESET が?
とかいろいろ書いてあるのですが、対策は ESET Cyber Security Pro のアンインストールのみ

症状が起きても、その後の話を書いてあるブログ等がない 始末、、、

まぁしょうがないとESET Cyber Security Proをアンインストールして、しばらく使いましょうかと思ってましたが!!!

ここは人柱だ! と アンインストール 後に また 普通に再インストールをしてみました。

インストール後、いったんMacを終了します。

起動を行いまして、数分待ちます。(カップラーメンかw)

何も起きません!!!

どうやら、ESET Cyber Security Proとセキュリティアップデート 2018−001 10.12.6 の何かしらのファイルかチェック等が原因だったみたいです。
詳しくは調べてません、もしかしたら全く別の案件かもしれません。

まぁ、動いているようなので今回はこれで良しとしましょう。

まとめ
1,macOS Sierra セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6をアップするまえに
セキュリティソフト ESET Cyber Security Proをアンインストールする
セキュリティアップデート後にESETを再インストールする

2,セキュリティアップデートを行ってしまい、再起動を繰り返し場合
一端、終了する。本体スイッチを押してShiftキーも押す、セーフモードで起動する
ESET Mac アンインストール などで検索すると、オフラインでインストールできるESET Cyber Security Proファイルがダウンロードできる
DLしたファイルを展開してアンインストールiconクリックでソフトをアンインストールする
再起動して、先ほどDLしたESET Cyber Security Proファイルを展開して再インストールする

ちなみに当方の環境は、、、
Mac mini 2012 バージョンです。
ESET Cyber Security Proのバージョンは6.4 6.5とも発生しました。
再インストールは6.5のみ検証です。

ご参考になりましたら幸いです。

ParallelDesktop Windows8.1 から Windows10へ

仮想マシンを Windows 10 にアップグレードする

http://kb.parallels.com/jp/122884

更新の前にParallels Desktopバージョンが10の後半と11が条件となるようです。

ヘルプ先でしっかり確認しましょう。

上記のヘルプサイトを参考にアップ用ファイルをDLして(32ビット又は64ビット)起動する

☆ビット数確認は標準ならばデスクトップにある左上のコンピューター(モニターとデスクトップのアイコン)の右クリック、プロパティを起動するとシステムの種類に記載があります。

win-64bit

ダウンロードしたファイルを起動して、そのままアップグレード(インストールメディア作成も作れるみたいですが今回はそのままUPへ)

○○% アップグレードが表示されて、2回ほど?再起動してWindows10へ無事に更新できました。

Win8.1よりもOS自体が軽いのかDQXをしばし動かしテストしてもMacBookAirからの排気ファンが回りませんでした。

プレイ時間にもよりますが起動もサクサクな感じで良さそうです。

win10up

この後にあの青いウインドウにスモック状の起動画面が立ち上がりますよ。

 

Apple MAC Parallels Desktop for windows キーボードテンキー入力

メモ φ(・_・

普段使っているMacBookとアップルのワイヤレスキーボードを使ってます。
テンキーがないコンパクトなやつです。

仕事でテンキー入力が必要になり、オークションなどを利用して
マックのkeyboardで横長のやつテンキー付きを購入しました。

といいつつ、仮想ソフトのパラレルズで起動しているWindowsで使います。
なにも考えずにExcelを開き、数値をセルに入力…

いきなり10万なにがしのセルに飛びましたw

一瞬何が起きてるのかわからない状態で…

数値入力ができないことに気づきました…

ということで慌てずにWEB先生に検索します。

いくつかのブログに遭遇し、確認していくと… なんてことありません。

テンキーの側にある「7」の上にある

「Clear」がWindowsの「Numlk」にあたると書いてあり、早速試すと…

今まで通りに数値入力ができました。

ただし、Windowsと違いkeyboardに光る箇所がありません。

目視できないのがきついですね… というφ(・_・でした。

Mac対応キーボードありますけどね
東プレなんかがほしいですねw

Adobe InDesign CS6 アップデート エラー からのアップデートできた。

 

idcs6up81

↑ 念願のバージョン8.1に。

★アドビ製品使ってますがInDesignだけCS6のアップデートが失敗やエラーでいままでぜんぜんアップデートができない症状が続いておりました…

以前CS3のインストールでも昔のMacOSがらみでパワーマッキントッシュ系プログラム関連で書き換えないとだめなのかと思いながら…

いろいろ検索しても違う内容だったりで…

つい最近ここでまた検索してみたらなんと解決策が出てきました!

見つけたかたサンクスですよ。まじでって外国の方みたいですね。

CS6をインストールしてアップデートするとまとめて更新できますが、InDesignだけ更新できませんでした。

そこで直接アドビサイトから個々のアップデートをDLして更新しました。

CS6はバージョン的に8.0にあたるそうです。

個別DLで8.0.2までは更新できましたがさらに8.1.0があるようで…

しかも個別ダウンロードでなくサーバーから直接DLアップみたいですね…

いろいろアップデートしていくとCreative Cloudなるソフトもインストールされ

これはいままでのアプリケーションマネージャーにあたるみたいですね。

ここにもInDesignのアップデートがあるよと!がついてお知らせしてくれますが…

DLするとエラーば出て更新できないw

しばらくあきらめていて…

つい最近ググってみると…

解決策がわかりました。

参考にしたのは↓ こちらから

https://forums.adobe.com/message/7180620

ターミナルの操作がっていいますがコピペで更新なだけ…

ですがターミナル操作とsudoコマンドなのでバックアップなど行ったうえで更新が良いと思います。

ターミナルでコピペしてリターンするとパスワード要求で入力してもまたパスワードが表示…

なんか やったか やばいのか 汗 (^^;)

メニューバーを見るとCreative Cloudが立ち上がっておりましたので、一端メニューから終了を選んで…

念のためターミナルも再起動してからの更新です。

ターミナルでコピペしてパスワード入力が終わるとCreative Cloudが起動します。

そこからアップデートを行ってみると あれよ あれよで ダウンロード完了

そのまま 更新 アップデートができました。

良かった良かった。

 

 

 

本体はバージョンアップできたのですが、プラグインがたらないでいくつか出てきてるのがあるのですが… その解決は 先送りにw