【感激】やっとWindows7 32bit 版のWindowsUpdateができました。

ここのところ何度やっても失敗か、出来てもOS起動で何度も再起動に見舞われること数回、数ヶ月、、、

やっと問題解決して、あたらしいロールアップアップデートが更新できました。

私の環境ですが、「KB4093118」が邪魔をしていたようで、これをアンインストールしてから最新の「KB4284826」が更新できました。

なにかとアップデートに不具合が続いてますね。

現状は延長のサポートなので致し方ないかなと思います。

うまく付き合いながら更新しましょう。


今回の更新PC Panasonic CF-J10 CPU i3 m380 ファーストバージョンです。
セカンドバージョンはi5-25xx CPUが搭載されてますね。
今回までに更新できたアップデート番号

  • 2018-02 x86 ベースシステム用Windows7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB4284842)
  • 2018-06 プレビュー品質プログラムのロールアップの 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、および 4.7.1 の.NET Framework の Windows 7 SP1 およびサーバー 2008 R2 SP1 (KB 4291493)
  • Windows Defender Antivirus の定義の更新-KB915597(定義1.271.442.0)
  • 悪意あるソフトウェアの削除ツール-2018年6月(KB890830)
  • Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 用の .NET Framework 3.5.1、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1 の更新プログラムのセキュリティおよび品質ロールアップ (KB 4099633)

※5月にアップデートは行っておりませんでした。

4月に更新

KB4093118 の更新が成功してましたが、6月分の更新に対して邪魔だったらしくアンインストール後にKB4284842の更新が可能でした。

  • 悪意あるソフトウェアの削除ツール-2018年4月(KB890830)
  • 2018-03 x86 ベースシステム用 Windows7更新プログラム(KB4099950)
  • Windows7用更新プログラム(KB2952664)
  • 2018-03 x86 ベースシステム用 Windows7更新プログラム(KB4091290)
  • Microsoft .NET Framework4.7.1 アップグレード言語パック(KB4033339)
  • 2018-02 x86 ベースシステム用Windows7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー(KB4075211)

3月更新〜の記録です。

2月までの更新は割愛します。

 


更新 2018年7月6日
書込 2018年7月5日

VMware Workstation 14 Player Windows10 自動でシャットダウン

仮想OSとしてテスト環境を構築してます。

起動して使っているときは気にしていなかったのですが、しばらくほっとくとアプリごと終了していつのまにか画面から消えてしまうことが数回ありました。

それは困るという事で、検索ちゃん

個人的には、ワークステーションアプリの設定かなと勘ぐってましたが、、、

調べたら

ただ単に〜

Windows10のスリープ機能という事が確認できました。ちゃんちゃん🎶

設定方法

スタート → 設定 → システム

電源とスリープ → 画面とスリープ を

「 なし 」に設定しました。

個々の環境に合わせて数値を変更しましょう。

 

Windows10 1803 アップデート

Windowsのアップデートが始まりましたが、すぐにストップしてダイアログが表示。

問題解決しようとしても、以下の文言が。

システムで予約済みのパーテイションを更新できませんでした。

と、更新が止まります。

ググってみると、システムで使用のパーテイション容量がいっぱいか足らないかとありました。

今回更新した🖥はHDDからSSDへ更新したパソコンでした。

容量が少ないSSDへ移動したので回復部分はなし、しかも今回のWindowsアップデートまで気づかなかったシステムで予約済みの領域が50MB

これでは、アップデートファイルが動作してくれません。

検索先にあったツールで領域を増やしたら問題なくアップデートが進みました。

今回使用したツール

MiniTool Partition Wizard 無料版 10.2

個人での使用なので無料で行うことができました。

もちろんお金を出して製品版を買っても良いと思いますよ。

有料版は無料版より機能が増えていろいろ使えるソフトが多いですからね。

 

🆗簡易な使い方

exeファイルを起動

アプリケーション起動

システムで予約済み をクリックして反転

メニューからパーティション

容量変更 上から2番目

真ん中のスライドバーを移動させて容量変更

バーを左移動で数値が減ります。

バーの下、2行目にシステムで予約済みの新しいサイズが表示されるので見ながらセットします。

今までよく見る予約済みサイズは500MBと記憶があったので約500MBにセット

ただしスライドバーだと合わせにくいので大まかな数値で行くか、スライドバーの上でマウスのスクロールボタンでクルクル回すと数値が細かく調整できました。

(時間がかかるので近い数値で設定です

調整後はメニューの一般またはその下の適応をクリック

Cドライブが起動しているとダイアログが表示されます。そのまま再起動して行くと容量変更のプロンプト画面が表示され自動的に進みます。

PCアイコン(マイコンピュータアイコン

を右クリック → 管理(G → ディスクの管理で確認できます。

万が一を考えて、バックアップを行なってから操作することを推奨します。

😄 これで無事にWindows10アップデート1803へ適応されました。

 

1709 のメニューアイコン ↑

アップデート中〜

1803からデスクトップの切替アイコンが変更されましたね。

 

これで無事にWindowsアップデート終了です。

 

追加更新:2018/06/07

Windows 自動ログオン タスクスケジューラ

ユーザーログインでパスワードを設定しているとタスクスケジューラで再起動をかけたときにログインしないのでなんとか自動でログインできないか調べたらありました。自分用のメモとして記録です。

ちなみにWindows10でも有効でした。

タスクスケジューラ 自動ログイン方法

ドメイン環境でない
ワンユーザーでの利用

現在のユーザーにパスワードを付けた状態
1.[スタート]から、[ファイルを指定して実行]をクリックし、control userpasswords2 と入力します。
2.[ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要] チェック ボックスをオフにします。
3.[適用] をクリックします。
4.自動ログオン時に利用するユーザー名とパスワードを入力し、[OK] をクリックします。
5.再度 [OK] をクリックします。

[参考]
Windows XP でログオン画面を表示させずにコンピュータに自動的にログオンするには http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;882925

WindowsUpdateができない やっぱりいつも苦戦する編

タイトル通りのアップデートがなかなか進まないのでいつもやきもきしてます。
途中でシャットダウンしてまた今度ってなります。

最近はWindows7,Win7のアップデートがうまくいきません。
この7はVMで動かしております。
いつも稼働ではないところがいけないんですが、、、

色々なアップデートの方法がウェブサイトやブログにあるのでここではそこまで突っ込まずに先駆者たちに任せますね(苦笑

20年近くパソコンを触ってきてはいるといっても、プログラム周りを詳しく勉強してきたわけではないので(苦笑

では今回は何だって話なんですが、、、

家にはとあるルーターをかましております。
それは特定の国や危険とされているサイトにアクセスできないようにするネット機器を使っております。

まぁ設定次第なので完全ではないし、気休めなのかもしれませんが(苦笑

ないよりはマシかなとw

話は戻しまして、ウインドウズアップデート周りも、昔と同じサーバーやIPやアドレスが設定されているとは限らず、何かしら変更されているように見受けられます。経験で感じたり、こちらの勘違いだったりするとは思いますがw(詳しく調べておりませんのでご注意くださいね)

勝手な思い込みでマイクロソフトだしウインドウズだしアップデートのデータや接続は米国でしょって先入観でしたが、去年ちょっと調べた時には南米にあったり(IPだけや経由ってことも考えられますね、その方が安かったり、法律も絡んだりするのかもしれませんね)だったのでルーターへ特定のアドレスやIPを設定した記憶があります。

そんなこんなで今回も、なかなかアップデートしないので、接続先を調べて、ルーターに接続許可をしたら、、、

なんていうことでしょうw

すんなり進みましたよ、、、

とは言いつつ、その前にCドライブのディスククリーンやアップデートサービスの停止や開始など行ってからではありますがw

今回のまとめ
先駆者のウェブサイトを検証するw
国別やIP先でのルーター設定で問題なくても、アドレスやIPを個別に設定する

今回設定項目に加えたアドレス
microsoft.com
windowsupdate.com

設定に気を配りましょうってお話でした。
今回はこの辺で失礼しますね。

でわでわ

キヤノン プリンター 付属ソフト レーベルプリント

CanonのプリンターでMG6xxx シリーズを使ってます。

付属ソフトにレーベル印刷が(CD、DVD、BDの白プリント版に印刷)あります。

Easy-PhotoPrint EX です。

Windowsでは問題なく印刷できるのにOS X v10.11(El Capitan)で印刷できないというダイアログが表示されてました。

テキストの文章やウェブサイトのページでは問題なく印刷できるのに…

そこでQ&Aを読むと一度アンインストールして再インストールを勧めておりました。マックの環境設定を開きプリンター項目から下の[ – ]選択して一旦削除します。

改めてDLしてきたドライバーでインストールする

環境設定を開きプリンター項目で何もない状態… (´・ω・`)

インストールしたのにと思いながら

+ ボタンを押してプリンターを追加しようとした時に!!!

何とプリンター bonjour と Canon IJ Network と二つ表示されてました。

!!!!! (`・ω・´)

そこでアハ体験w どっかで聞いた言葉ですね。

今まではマック側のドライバーでの認識なので付属ソフトならばキヤノン経由だなと思い立ち追加してから

Easy-PhotoPrint EX

を立ち上げてみると今まで印刷できませーんと出ていたダイアログがなくなっておりました。

Parallels Desktop の怖い話

現在新しいParallelDesktop11を使ってWindowsOSを動かしておりますが、以前インストールした古いバージョンのファイル(ParallelDesktop4とかの時代にインストールしたWinOSなど)を最新のに移行した際の出来事です。

ParallelDesktop本体を起動して開くコマンドから昔のファイルを選びます

自動で変換がされます

まずWindows2000はブルースクリーンの連発で変換されない

手動へ切替でも同じ… (´・_・`)

じゃぁWindowsNT4をトライ

古いデータは各OS名のフォルダにいくつかのファイルが存在している

最新の11はひとまとめになったファイルが一つあるだけ

そこで2000のブルースクリーン連発を経験して

フォルダから各ファイルを標準で作成されている「書類」「Parallel」フォルダ内に直接展開してから変換したらあっという間に完了してNTは起動できましたが、これまたいきなりブルースクリーンがでました…

そこで起動の際にVGAモードで起動させます。

そこではブルースクリーンでなく普通に起動されてからParallelToolsからグラフィックのドライバー更新でブルースクリーンが無くなり普通にVGAモードでないNTを起動することができました。

一からNTをやり直そうとParallelDesktopからNTを削除したら!!!!!!!!!

Parallelフォルダ直に展開していたためParallelフォルダごとゴミ箱へ…

その他のWindowsOSも一緒にゴミ箱へ…

そうとう焦りましたよ!!!!

落ち着きながらゴミ箱からParallelフォルダをいつもの「書類」フォルダへもどしたら復活…

こわい、こえー、まじ、あぶねー 危険っす! (`・ω・´)!

皆さん気をつけて下さいね…

古いバージョンのファイル(WinOSなど)を変換するときは当時作ったフォルダーごと移動させて、バックアップも一緒に作ってくれるので、ソフトの言うとおりに進行しましょう… この場合は…

なぜか無性にPC9800系にざわざわしだしたw

2016年5月15日ちょこっと修正

その昔w キャンビーなるNEC98のWin機を初めて購入しました。
これが初PCなんですw

いまごろですが保管しておけばってやつです…(´・_・`)

親戚に引き渡したその後はどうなったのかわかりません…
まだ残ってるかな… 今度伺いましょう。

PC9800シリーズのMS-DOS6.2を引っ張りだしてきて
98のエミュを探してDOSをインストール
の前にMS-DOSはフロッピーディスクです。

フォーマットも98用で1.2バイト? キロバイトですね(^^;

すでにFDの知識は記憶が飛んでますw

まずPCにフロッピーを読み込まないといけません…
そこでFDをイメージ化するのに使ったのが

DiskExplorer です。

Win7の64bitでも動きました当方のPCならばです。

そこで昔持っていた富士通のノートPCでLooxのT86に使っていたUSBフロッピーディスクを引っ張り出して…(Looxはすでに売却済みですがその後にT86の上位版をヤフオクで入手しました。もちろん眠ってますがw)

そのUSB-FDをWin7機に指します。ドライバーが更新されます。認識されます。

PC98のFDを投入します!

あれ、反応しない… (そうです最近のUSBに指すと勝手に認識とかありますがFDはクリックするまで反応なしなのを思い出します。設定で変わるかもしれません)

FD逝かれたかとか思いながら!マウスをあて起動すると…
問題なく読み込みが始まりました。

*ここからツールのお話

DiskExplorerを起動させて

いきなり開くコマンドで窓が起動しますがキャンセルで窓を閉じます。

ツールの特殊からディスクイメージの作成を選んで

ファイル名と保存先を指定して、ドライブの設定ですが標準でAドライブ選択

サイズを1232KBを選んでから実行でイメージ化が完了です。

98エミュを起動させてまず仮想HDDを作成し、AドライブにMS-DOSの1番目を選択させてからの起動。

次々と8枚インストールしてからの再起動で無事MS-DOS6.2が起動しました。

とここまできましたが実はPC98のMS-DOSは初めて触ったといって良いと思います。
以前学校で98ノートの一太郎3?を学校の授業で5,6回触ったことがありましたw

一太郎で文章つくろうな授業でしたからPC周りの勉強は皆無でぇ
PC98MS-DOSは初トライな状態ですw

DOSは簡単なことはWin95の時代に勉強はしましたけどね

コピーとかw ドライブ指定しての移動とかw

勉強したうちに入りませんね(笑

 

使用したPC

自作PC OS Windows7 64bit

USB-FD FMV-NFD52S 3タイプのFDを読み込めますので良いですね。

ただ読み込みだけでフォーマットができない系ですね

OSを見るとWindows2000ならフォーマットできるみたいなので
保管してあるOSを仮想化してフロッピーが扱えるかテストですね。

ザワザワして98系を引っ張りだして来ましたが、熱もさめるかな?w

 

気になる記事 QuickTime Windows サポート 終了 PCエンジンGT 液晶 大型化 改造

いつものインプレス記事を見つつ

え、まじか と思ったのがクイックタイムウインドウズ版が終了〜
しょうがないから削除から…
ちょっとだけ様子見…まぁQuickTimeで出力は無くなったからよいかな…
でもたま〜に出力するときもありで助かっていただけに残念かな

mp4で良いよねってことかしら???

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20160415_753400.html

 

PCエンジンGTの液晶が大っきくなっちゃったですねw
昔友達がもっているのを見た記憶はありますね。
懐かしいですね。

オクでも数台あるのでまだチャンスがあるかもしれませんね。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/20160414_753153.html